HOME > 学部・大学院 > 文学部

人間とは何か。社会とは何か。その本質を見つめ、次代を予見する。

愛知大学の文学部人文社会学科は、文学・語学はもとより、哲学・社会学・心理学・歴史学・地理学・芸術学まで広いラインナップを持つ総合型文学部です。1年次は学部共通の基礎を学び、2年次からはコース・専攻に分かれ、人類が築き上げてきた人文・社会科学分野の学問研究を通し、その教養とともに人間や社会に対する洞察力を磨きながら、論理的に考える力や考えを正しく表現する力を養います。

学びの特色

人文・社会科学の
学問領域を探究する。
科学技術の発展やグローバル化など、急速に変化する社会において、人間への深い洞察に基づき、本当の豊かさを探る人文・社会科学は重要度を増しています。文学部ではこの領域を広くカバーする6コースで人間・文化・社会の本質を多角的に探究し、今日的な問題への応用を考えます。
専門を深めるとともに
多領域へ興味を広げる。
人文・社会科学の分野は、それぞれの領域が重なり合っているもの。専門性を深めるためにも、多領域に及ぶ教養が不可欠です。選んだコース・専攻で学ぶと同時に、隣接するコース・専攻の授業もそれぞれの興味や関心に合わせて履修ができ、単位も認定されます。副専攻の制度も準備されています。
本格的な学びを支える
充実の施設・制度
大学の研究・教育水準の指標とも言える図書館・研究所には、約172万冊の書籍・歴史資料を収蔵。その規模は全国私大トップクラスの充実度を誇ります。また、ネイティブ教員・留学生との交流を深めて語学力を磨くLanguage Caféを設置。交流協定を結んだ大学への留学も推奨しています。
教員をめざす人を支える
「教職課程センター」
教職課程センターは、教員をめざす学生のために、よりよいカリキュラムを提供し、採用試験、採用への支援を行っています。学習室には教職に関する図書や資料が揃い、学生は自主学習の場として利用が可能。また、模擬テストの実施や、常駐する教員によるサポートを行っています。

トピックス

Casual and Family Feeling! 地域の方々も参加する「Language Café」。

家族的な雰囲気が自慢のLanguage Caféへ。
文学部では、英語をはじめとする外国語を学ぶ学生がたくさんいます。Language Caféは、「教室で学んだ外国語を気軽に使って会話を楽しもう」という趣旨で2年前に始まりました。文学部独自の企画としてスタートしましたが、現在では地域政策学部や短期大学部の学生、さらには生涯学習講座(オープンカレッジ)で外国語を学ぶ社会人の方も参加して、毎日のお昼休みと授業後に行っています。授業とは異なり、リラックスした雰囲気の中で、さまざまな世代の方々と外国語を使って話すのは、とても楽しい。カジュアルで家族的なところが特長です。ドリンクやスウィーツももちろんありますよ。カフェですからね。集まって話すだけでも楽しいですが、ハロウィーンやクリスマス、バレンタインデーなどには学生自身で企画したパーティも開催します。前回のハロウィーンは1週間連続企画で、怪談話を披露しあったり、ビデオを鑑賞したり、コスプレパーティやスウィーツパーティなどを実施。学生たちは企画会議も英語で行っていました。Language Caféは、オープンキャンパスでも開催します。高校生や保護者の皆さんも、豊橋キャンパス3号館1階の語学教育研究室に来てくださいね!

6つの専門コース

世界の文化とその表現に迫る。
現代文化コース
ますます多様化する現代の文化や芸術。そこでは次々と新しい表現が誕生しつつ、相互に影響を与え合っています。このコースでは、そのような現代文化の全体状況をとらえるため、哲学・思想、情報、メディアといった根本の視点から世界を見る目を育てます。
現代社会を自由な切り口で研究。
社会学コース
時代に流されない自分を築くには、社会を批判的に見る目が必要です。このコースでは、社会学の基礎を学びつつ、社会を捉える理論と社会を調査する技法を身につけ、より現代的な問題に取り組みながら、社会構造のあり方を考察。興味に応じて幅広い科目から横断的に学ぶことができます。
人間行動の「なぜ」を解明する。
心理学コース
人間のこころを実験や観察を通じて科学的に解明していくのが心理学です。このコースでは、心理学の正統的な基礎理論を学んだ上で、多彩な実験手法を習得。それにより、人間の行動を客観的に分析し、自己の確立や他者への助言ができるような実践的能力を身につけます。
時間と空間を通して人と社会を見る。
歴史・地理学コース
現代社会を深く考察するには、世界と日本の歴史を熟考する必要があると同時に、日本を含めた世界各地の地理的環境を理解しなければなりません。このコースでは、歴史と地理を両輪として、世界を俯敵する視野と地域的な特殊性や普遍性を理解する観点を培います。
古典文学からCool Japanまで。
日本語日本文学コース
長い歴史の中で形成されてきた日本語。「Cool Japan」の名で国際的に評価される現代の日本文化。このコースでは、そのような日本語・日本文化を深く探求し、その中にある日本人固有の思考や習慣のあり方を体系的に理解して、未来へ活かしていくことを目標としています。
言語を通して世界の文化を学ぶ。
欧米言語文化コース
実質的な世界共通語の地位を確立している現代の英語。依然として世界に大きな影響力をもつヨーロッパの文化・社会。このコースでは、英語・ドイツ語・フランス語による文学をはじめ、広く欧米諸国の言語と文化の体系も研究し、現代に生きる国際的視点を養います。

関連情報

関連リンク

セミナーレポート
ゼミの様子をご紹介します。
The AIDAI SPIRIT!(在学生からのメッセージ)
多彩なチャレンジが、大きな成長を実現する。学生生活を満喫している愛大生より熱いメッセージをお届けします。