文字サイズ

短期大学部  1959(昭和34)年設置

自分らしい生き方って何だろう。夢を見つけて実現をめざす学びの場。

自分らしい夢をしっかり持って生きていきたい。もっと自分の可能性を試せる場がほしい。愛知大学短期大学部は、そんなあなたが夢を見つけ、未来をデザインする場所。幅広いフィールドから興味や関心、将来の目標に応じてカリキュラムを自分で組み、学ぶことができます。また、4年制大学併設の短期大学として、しっかりとした教育基盤と施設・設備・制度を完備。充実したカリキュラムと授業内容の基、就職や編入学への可能性が広がります。

自分らしい生き方について、自ら考え、実現を図る。

自立した人間として、また一人の女性として、自らの人生を考え、その実現を図ろうと努力すること。それがライフデザインです。自分らしい生き方を考えるのは、容易ではありません。多くの人たちの中で、自らの意志を貫き、希望を実現するのは、さらに難しいことかもしれません。誰もが取り組むこの困難な課題は、自ら悩み、学び続けることでのみ解決されます。短い2年間の短大生活で、そのきっかけをつかみたい。短期的には、卒業後の進路を選択する中で、社会人として必要な基礎知識や、言語力・コミュニケーション能力などを身につけます。さらに国際社会や地域文化を広く深く学び、心理や社会など人の営みを理解することが、長期的には、人生そのものを設計することにつながります。短期大学部では、そのための学びのカリキュラムが幅広く用意されています。4年制大学の学生と同じキャンパスで学び、さまざまな活動も共にする中で、将来の自分らしさを実現させましょう。

自分らしい学び方を組み立てる

ライフデザイン総合学科では、「幅広い知識を身につけたい」「英語を集中して学びたい」「就職に有利な資格を取得したい」「4年制大学に編入してさらに学びを深めたい」など、自分の希望に合わせて科目を選び、自由にカリキュラムを組み立てることができます。そのために幅広い分野にわたって多彩な科目を用意しています。


目標に合った学び方

英語力を磨いて、海外留学したい

【ベーシックフィールド】
英語初級/英語中級/文化人類学 など

【セレクトフィールド】
スピーキングスキル/英語圏語学研修入門/英語圏短期研修/リーディング・ライティング/アメリカの歴史と文化/イギリスの歴史と文化/日本語と英語の音声/English Workshop など

【さらにスキルアップをめざすなら】
海外短期語学セミナーに挑戦

図書館司書の資格を取得したい

【セレクトフィールド】
生涯学習概論/児童サービス概論/図書館概論/図書館情報サービス/図書館情報技術 など
※学部との合併授業あり

【さらにスキルアップをめざすなら】
文学部 人文社会学科 現代文化コース 図書館情報学専攻に編入学

オフィスワークや医療事務で活躍したい

【ベーシックフィールド】
美しい日本語/文書表現演習/経済学 など

【セレクトフィールド】
スピーキングスキル/応用敬語/簿記会計実務/ビジネスマナー演習/情報機器演習/情報総合演習/図表化演習/インターンシップ演習/ビジネスコミュニケーション など

【さらにスキルアップをめざすなら】
キャリア開発講座で簿記検定や秘書技能検定などに挑戦 正課科目「医療事務」を受講

愛知大学に編入学したい

【ベーシックフィールド】
法学/経済学/芸術/現代社会と生活/文化人類学 など

【セレクトフィールド】
スピーキングスキル/言語コミュニケーション/アメリカの歴史と文化/イギリスの歴史と文化/映像文化/近代の文学/モダンカルチャー論/日本文化のかたち/企業研究/流通サービス論/マルチメディア表現/情報と社会/家族論/人間と社会/地域観光論/心理コミュニケーション論 など

【さらにスキルアップをめざすなら】
愛知大学の科目を履修 単位認定制度「特別聴講科目」 など

特色あるプログラム

ハワイ大学短期研修

現地ならではの、活きた英語とリアルな体験

1年次の春季休暇中の約10日間、希望者を対象にハワイ大学リーワード・コミュニティカレッジでの英語圏短期研修を行っています。研修参加者は「スピーキングスキルⅠ・Ⅱ」「英語圏語学研修入門」などの科目を事前に受講して研修に備えます。ハワイでは、毎日英語のレッスンを受けたり、現地の学生たちと課題に取り組んだりすることで、活きた英語を学び、異文化理解を深めることができます。滞在先は、ハワイ大学マノア校のゲストハウスです。アメリカ本土では味わえない、ハワイ独自の食文化も堪能できます。研修プログラムには、ハワイ日本文化センター、パールハーバー追悼施設などの見学も含まれており、ハワイの長い歴史と文化に直接触れることができます。週末には、現地の学生たちとともにダイヤモンドヘッドの登山や海水浴などを通してハワイの自然を満喫できます。なお、この研修は、卒業単位として認定されます。
[体験者の声]ハワイでの交流が英語を学ぶ原動力に。
英会話の授業でコミュニティカレッジの学生と交流し、英語を話す楽しさに目覚めました。互いの文化や生活習慣を話し合ううちに仲よくなり、一緒にダイヤモンドヘッド観光などを楽しみました。帰国後もSNSでやりとりし、英語を学ぶ原動力になっています。今後は4年制大学に編入学し、英語圏の長期留学に挑戦したいと考えています。

フィールドワーク

働く現場を訪問し、キャリアデザインの重要性を学ぶ

調査テーマの場所を実際に訪れ、聞き取り調査や観察、資料収集を行うことで、その土地の考え方を理解しようとする社会調査手法が「フィールドワーク」です。地域の産業界の特性を理解するため、東三河や遠州地域などの地元企業を訪問します。企業で実際に働く現場を見学し、活躍している卒業生から話を聞き、多くの社会人との交流を経験することで、求められる思考力や人材像などを学びます。現場のリアルな「声」を聞くことで、自らのキャリアデザインの重要性を認識し、主体的な行動力を高めることができます。
[体験者の声]企業とのコミュニケーションを学ぶ機会に。
精密部品メーカーの工場見学では、小さな部品一つにも複雑な工程と高度な技術があると知り、製造業の奥深さに触れました。食品メーカーが集まる新商品説明会では出展ブースを回り、さまざまな企業の方とお話しする機会に恵まれました。積極的なコミュニケーションの大切さを実感し、社会人としての姿勢を学ぶ機会となりました。

取得を支援する資格

キャリアサポート

愛知大学短期大学部が誇る確かな就職力

先輩たちは、毎年、地元をはじめとするさまざまな企業に就職しています。これも、在学中に社会で通用する力を身につけて、成果を上げていることで社会からの信頼を得ているからです。こうした高い就職力を支えるのが、伝統である教養教育カリキュラムと連携して就業力と職業観・勤労観を養い、自らのライフプランニングを描くことのできるキャリアサポートにあります。授業とキャリアサポートが一体となって、一人ひとりの就職活動を支援しています。

スケジュール

1年次 4月・第1回 短大キャリア支援ガイダンス(就職活動のスケジュール)
1年次 5月・第2回 短大キャリア支援ガイダンス(ビジネスマナー等)
1年次 9月・第3回 短大キャリア支援ガイダンス(自己分析・自己PR)
1年次 10月・コミュニケーション力養成講座基礎編(2月まで開催)
1年次 11月・第4回 短大キャリア支援ガイダンス(志望動機、エントリーシート作成等)
1年次 12月・第5回 短大キャリア支援ガイダンス(グループディスカッション、面接対策)
1年次 2月・第6回 短大キャリア支援ガイダンス(まとめ)
・先輩から仕事の体験談を聞く(卒業生から実際の仕事の様子を聞く)
・企業訪問(短大で参加者を募集し、企業の様子を見学)

インターンシップ

「働くこと」を肌で学ぶ実務体験

[体験者の声]市役所職員の奮闘ぶりを間近で見た5日間。
「普段は見ることのできない市役所の仕事を知る、貴重な体験になる」と、入学当初から希望していた湖西市役所でのインターンシップ。企画政策課で、定住促進イベントでのお客様対応やアンケート調査の手伝いを体験しました。移住・定住政策を積極的に行い、湖西市の魅力を知ってもらおうと奮闘する職員の方の姿は大変印象に残りました。一方、アンケートの集計でExcelの操作に戸惑うなど、自分自身の課題も見えてきました。今は社会人としての基礎力をつけるために、パソコンスキルやビジネスマナーの授業に力を入れて取り組んでいます。

資格取得支援

正課科目として「学び」を高める

「医療事務」の資格取得を正課科目でサポート
医療事務分野の資格取得をめざす学生が増加しています。愛知大学短期大学部では、「医療事務資格」(日本能力開発推進協会)の取得を正課科目の授業でサポート。医療保険制度の仕組みから点数算定の基礎、レセプト(診療報酬請求明細書)の作成や接遇対応まで実践的に指導します。2019年度は40名受験して34名の学生が合格しました(愛知大学短期大学部合格率85.0%)。

対策講座を学内で受講可能。学業と資格取得を両立
資格取得をめざす学生のために、キャリア開発講座を開講しています。各業界の専門家や専門講師が丁寧に指導します。キャンパス内で受講できるため、一般の資格教育機関への通学時間もかからず、また、格安の費用で受講でき、学業と資格取得を両立できます。講座を利用して在学中に取得した資格はもちろん、入学前に取得した英検や簿記などの資格を卒業単位に算入することもできます。

キャリアプランニング

人生の基礎力を鍛え、生き方を模索する

キャリアプランニングとは、自分の人生を考える基礎体力を養い、将来を展望することです。女性のライフモデルが変化している現代社会において必要なことは、働く意義や生き方をしっかりと見つめる力です。授業ではフリーアナウンサーや経営者として働く方など、多様な働き方をしながらワーク・ライフ・バランスを確立している方々を講師として招き、活発なディスカッションの中で生き方のヒントを見いだしていきます。地域・産業界で求められている人材像や職業観について考え、学生時代に何をすべきかを肌で感じてもらいます。こうした学びを通じて社会人基礎力を身につけ、現代社会を生き抜く力を養います。

各分野で活躍する社会人による実践リレー講義

「キャリアプランニング」では、各業界で活躍する社会人を講師としてお招きし、講師自身のキャリアや仕事観・人生観などについて、実体験を基にわかりやすく語っていただきます。
所属・役職講師名講義のテーマ
ビジネスマナー講師瀧崎優佳氏事務職の実際の仕事
フリーアナウンサー藤原淳子氏女性と仕事
(株)人財育成プラネット代表加古雅嗣氏キャリアとモチベーション
㈱アドヴィックス 人事部
青柳妃咲氏
企業で求められる人材
※表内は2019年度の内容を掲載しています。講師・テーマは変更される場合があります。

編入学制度

2年間の学びを土台に選ぶ一つの進路、編入学

短期大学部で学ぶことで芽生えたあなたの興味をさらに深めるために、4年制学部への編入学制度を用意しています。進学に備えた履修指導を随時実施。愛知大学の学部で行われている授業を履修して単位認定する制度もあり、短期大学部在学中から編入を意識した学びが可能です。愛知大学への編入学の場合は、全学部・学科への推薦枠や、入学金の振替制度などが利用できます。

編入学実績

年度志願者合格者合格者内訳
2020年度25名23名法学部2名、経済学部4名、経営学部3名、現代中国学部1名、国際コミュニケーション学部2名、文学部8名、地域政策学部3名
2019年度28名26名法学部1名、経済学部3名、経営学部3名、国際コミュニケーション学部4名、文学部11名、地域政策学部4名
2018年度24名23名法学部2名、経済学部1名、経営学部4名、国際コミュニケーション学部3名、文学部10名、地域政策学部3名

愛知大学の科目を履修

短期大学部での学びをさらに深めるために、愛知大学の学部で開講されている科目の一部を「特別聴講科目」として開放。修得した単位は、短期大学部の卒業必要単位として認められます。

単位認定制度「特別聴講科目」(2020年度開講分)

法学部

  • 刑法総論
  • 民法総則 など


経済学部

  • 日本経済論
  • 金融論 など


経営学部

  • 流通論
  • 会計学入門 など


現代中国学部

  • 現代中国入門
  • 日中関係論 など

国際コミュニケーション学部

  • 異文化間コミュニケーション
  • 日本語論
  • 現代ヨーロッパ事情 など


文学部

  • 現代社会論
  • 心理学概論
  • メディア芸術概論Ⅰ
  • 歴史地理学 など


地域政策学部

  • 地域行政論
  • 国土計画論
  • 自然環境論
  • 地域学概論 など
愛知大学 受験生向けサイト