文字サイズ

学長室だより

ご挨拶

 1946年に創立された本学の設立趣意書には、「世界の平和に寄与すべき日本の人文の興隆と、才能ある人材の養成」を本学の使命とし、同時に地方の学術文化・社会の発展への貢献、国際的教養と視野をもった人材の育成を特殊な使命とすることが謳われています。この建学の精神は、当時としては先駆的な内容のものですが、国際社会のグローバル化がいっそう進み、地方社会の創生と発展が求められている現在において、ますます大きな意義をもつものといえます。今日、また少子高齢化、デジタル技術の急速な発展、経済構造の変化、新型感染症の世界的蔓延など、社会は絶えず変化しつつあります。

 建学の精神を踏まえて変化する時代の要請に対応しつつ、本学は第5次基本構想において10年後の大学の将来像(ビジョン)を設定しました。それは①高い志を持ち、自ら柔軟に考え判断でき、変化に対応できる自律的な人材を育成すること、②世界と地域社会の諸課題に関心をもち、その解決に協働して取組むこと、③社会から高く評価され持続的に発展することです。そのビジョンを実現するために当面5か年間(2021-2025年度)の基本目標を定め、その達成に向けて本学の教育・研究、社会貢献の役割をいっそう発揮させていくつもりです。

 基本目標に関連して特に指摘したいことは、第一に時代の課題に応える質の高い教学プログラムを整備強化するとともに、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)で設定した学習目標の達成度=学修成果を学生が具体的に確認できる仕組みを確立することをめざします。それには学生本位の観点から教学マネジメントの充実が不可欠な課題です。

 第二に、本学と地域社会との連携を推進し、学生が地域のさまざまな現場に接して地域の人々と協力し地域の諸問題を理解し解決する、社会参加型の主体的な学習をさらに推進すること、そして本学と外国の諸大学との連携を推進し、学生が国際的な視野から多様な価値観をもつ人々とコミュニケーションをとり、ともに活動できる能力をもつ自律した人材を育成するための国際教育プログラムを推進することをめざします。こうした教育・研究の面で本学はこれまで多くの業績を蓄積していますが、さらに本学の特色として強化していきます。

 本学の教職員、学生が本学の目標・課題の共有を図るとともに、構成員の英知を集めて目標の実現に努めてまいります。




2021年4月