文字サイズ

日本語日本文学科

※2021年4月、新設
“世界”という視点から、日本語・日本文学・日本語表現に多角的なアプローチを。

漆谷 広樹 教授 (日本語日本文学科長就任予定)


グローバル化が進む現代、教育現場では海外にルーツを持つ児童・生徒が多く学び、日常生活においても外国人と日本語でコミュニケーションを行う機会が増えています。多文化共生社会を生きる上で必要となるのが、日本の言葉や文化についての理解と豊かな教養です。たとえば教育やビジネスの現場で日本語を母国語としない人と関わるとき、日本語の特性や日本語教育についての知識は欠かせないものとなるでしょう。日本語日本文学科では、「日本語」の歴史的成り立ちや特性について学び、それを起点として「日本文学」や「日本語表現」についての探究を行います。なかでも日本語表現学は、文章や会話のコミュニケーションをはじめ日本語による表現を包括的に学ぶ、新たな学問分野です。本学科で「世界の中の日本語・日本文学・日本語表現」を多角的に見つめ、豊かな教養と次世代を生き抜く力を養ってもらえればと思います。

入学試験からの流れ

日本語日本文学科 カリキュラム

教員一覧 

■ 教授
空井 伸一 日本近世文学、仏教と日本文化の研究
漆谷 広樹 日本語学、日本語構成の研究
平高 史也 外国語教育学(主に日本語教育学)、社会言語学
藤井 貴志 日本近現代文学、大正・昭和期の文学とその思想史的背景
和田 明美 日本語学、古代日本語の文法と意味の研究、古典文学の表現の研究

※2021年4月時点の予定です。

科目紹介

日本近代文学講読
藤井 貴志 教授

日本近代文学には、中島敦『山月記』をはじめ“変身”を重要なモチーフとした作品が数多く存在しています。カフカの『変身』や花田清輝『変形譚』の影響を受けて数々の変身譚を描いた安部公房を中心にテキストを読み解き、日本近代文学における“変身”のテーマについて多角的に考察します。

専門演習・卒業論文テーマ

専門演習 主なテーマ
卒業論文 主なテーマ

取得を支援する資格

取得可能な資格

※1 2021年度以降入学生対象の教職課程につき、文部科学省教職課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
※2 佛教大学への学費が別途必要です。