文字サイズ

心理学科

技術発展のめざましい時代だからこそ注目される、人間の「心」と「行動」。

AI(人工知能)やビッグデータなど、情報技術が発達する社会において人間の行動や心の働きを研究する心理学の知見は欠かせません。経済学や工学など多方面の分野と融合し、発展しているのが現代の心理学です。心理学は、人の行動を科学の目で分析し、それを実践に活かすための考え方であり方法です。本学科では、心理学の理論を学ぶとともに、実験・実践を通して人間行動の謎を解き明かします。基礎を身につけた後は「認知心理学」「学習・行動心理学」「発達・教育心理学」「臨床心理学」「比較心理学」「産業・健康心理学」といった領域に分かれ、専門性を深めます。

特色ある科目・プログラム

人間のこころに迫る教育と実践

公認心理師を養成しています!

公認心理師とは、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析、(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助、(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助、(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を業とする者をいいます。2015年9月に公認心理師に関わる国家資格法案が成立しました。これまで臨床心理士の有資格者を多数輩出している本学文学部心理学科でも、本国家資格の大学院受験資格を得るための対応カリキュラムを2018年度からスタート。資格をめざす学生はキャンパスでの学びに加え、医療機関や福祉施設など臨床のフィールドで80時間以上の心理実習を経験します。地域の専門家と連携しながら将来の心理職専門家を養成します。


入学試験からの流れ

心理学科 カリキュラム

科目紹介

知覚・認知心理学
心理学科 教授 井藤 寛志

この授業では、ヒトが目や耳を通して外界をどのように捉え、そこから得られた情報をどのように利用しているのかを学びます。また、学生は各単元のテーマに沿った心理学実験を通して心理学研究の面白さを体験し、データ(根拠)に基づいて自分の考えをまとめる方法を学びます。

学生の研究

関 義正ゼミナール

聞こえないはずの超音波を、ヒトはどのように知覚するのか。
担当教員:心理学科 教授 関 義正


●私の研究テーマ
「超音波がヒトの運動タイミングに与える影響、そのメカニズムを探る」

ヒトが聞くことのできる音の高さの範囲を超えた音を「超音波」といいます。近年の研究では、ヒトは環境の中に存在する超音波の影響を、聞こえないにもかかわらず何らかの形で受ける可能性がある、という報告がなされています。しかし、ヒトが超音波をどのように知覚するのか、そのメカニズムについては明らかにはなっていないため、私の研究ではその謎を解き明かす手がかりをつかもうとしています。研究の方法は、環境から切り離された無響室に被験者を座らせて超音波だけを用い、脳波などの生理指標を調べるものです。可聴域の音の場合、「ピッ、ピッ、ピッ」といったリズムや音程が一定した音列が与えられている最中に、「ピポッ」というような規則外の音列が与えられると、それに反応して特殊な脳波パターンが生じますが、超音波の場合でもこれに似た反応が生じるかどうかを実験で明らかにする予定です。4年次からの研究に向け、現在は実験装置の製作に取り組んでいます。

●私の研究活動
実験的手法を通して人間の知覚に迫る

関ゼミでは、ヒトとヒト以外の動物を比較しながら、音によるコミュニケーションに関わる心のメカニズムを総合的に研究しています。私はコミュニケーションへの関心とともに、生理現象と心の働きの関連に興味があったことと、調査的手法よりも生理指標を用いた実験的手法による研究をしてみたかったため、関ゼミを選択しました。関先生は、ヒトおよび一部の動物を対象に、一定のリズムを刻む音列を聞かせ、その運動タイミングが音列に同調していく現象についても研究しています。そこで私は超音波の音列とヒトの運動タイミングの関連を調べようと考えました。実験計画の段階で、超音波を用いた実験や研究を行っている国立精神・神経医療研究センターと東京大学の研究室を訪問する機会にも恵まれるなど、貴重な経験ができています。

卒業論文テーマ

取得を支援する資格

愛知大学 受験生向けサイト