HOME > 学部・大学院 > 文学部 > 人文社会学科 > 現代文化コース

東アジア文化専攻

日本・中国・韓国がいま直面する
問題の本質はどこにあるのか。

現代のアジア諸国と日本の複雑な問題を理解するには、東洋的な視点と西洋的な視点を結合して捉えることが重要です。この専攻では、日本・中国・韓国などの思想・哲学を中心にアジアの文化を学習。西洋の思想や学問との比較を通して、現代の私たちに身近な問題を自分で考え解決していく力を育成します。


ゼミナール・卒業論文テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業論文の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

東アジア文化基礎演習

文学部 教授
宇佐美 一博
東アジア(日本・中国・台湾・朝鮮半島)の古典から、多様な思想文化や文学・言語・文化交流史などを学びます。授業ではまず漢字資料を読解するために辞書や索引などの使い方を修得。論文や本を輪読して意見を発表し、ディスカッションを行います。東アジア諸国との関係が重要視される現代日本において、東アジアの国々とどのような歴史を歩み、文化を形成してきたのかを知ることは重要です。先人の知識と知恵を鍵に、現代文化の課題に挑むことこそ、この授業の醍醐味です。

哲学専攻

西洋の思想の流れを理解し、
物事を深く考える力をつける。

哲学とは何か。実は、この「○○とは何か」と問うことそのものが哲学といえます。この専攻では、西洋の哲学者たちの思索を、多様な講義科目や著作などから学び、哲学の理論的・歴史的知識を修得。演習での議論や卒業論文の執筆を通して、自分の思考を哲学的に緻密な言葉で表現する能力を身につけます。


ゼミナール・卒業論文テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業論文の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

西洋近代哲学史

文学部 教授
下野 正俊
本講では、大きな社会史・文化史の中での哲学思想の流れをたどります。ドイツの哲学者カントとへーゲルは同時代人ですが、フランス革命が起きたとき、カントは60代半ば、ヘーゲルは20歳前の若者でした。この歴史的大変動の受け止め方も異なっており、結果として2人の思想は決定的な違いを持つに至りました。社会の動きと関連づけることで、抽象的な哲学思想も実感を伴って理解することができます。哲学専攻の学生はもちろん、文学・芸術・世界史を学ぶ学生にも役立つ講義です。

図書館情報学専攻

ICT時代における情報コンテンツの
意義と活用技術を探る。

書籍が紙媒体から電子媒体へと急速にシフトする中、今や図書館情報学の研究対象はソーシャルメディアなどのデジタル情報にまで広がっています。図書館における情報の流通・組織化・提供方法についての知識を修得するとともに、情報コンテンツの意義や活用技術を探る高度な調査力と分析力を身につけます。


ゼミナール・卒業論文テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業論文の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

情報政策

文学部 教授
加藤 好郎
図書館に経営の概念が導入された1996年以降、図書館は大きく変わろうとしてきました。書籍を無料で貸し出すという根本的なサービスは不変ですが、社会構造の変化に伴い図書館にはさまざまな役割が求められています。生涯教育の中心的機関として、ビジネスへの活用や不登校やいじめ問題の解決といった新しいサービスを創出するには、経営のメソッドが不可欠。私の授業では、そうした経営手法とともに図書館に関する法律や制度を学び、これからの図書館のあり方を模索します。

メディア芸術専攻

アートを体験しながら学び、
批評眼とクリエイティブな発想力を養う。

演劇やダンスなどの身体表現の他、映像・音楽の編集や空間デザインといった多様な表現メディアに触れる“体験的な学び”を重視しています。領域を超えてコラボレーションする現代アートシーンの多様性と、それを支える仕組みを知り、時代に即した批評眼と発想力を持って他者と協働できる力を養います。


ゼミナール・卒業論文テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業制作及び付帯論文の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

マルチメディア制作実習

文学部 准教授
山田 晋平
グループワークで映像作品を企画・制作する5日間の集中講義です。カメラ、音響機材、編集用PCなど、映像制作に必要な機材は揃っており、スタジオやラボを利用して制作に打ち込める環境があります。作品のテーマは自由ですが、優れたアイデアはいきなり生まれるのではなく、粘り強い試行錯誤の末にできあがっていくものです。発想や考えを言語化し、仲間との話し合いで形にしていくプロセスを体験して「想像力」と「創造力」を学んでもらえればと思います。