HOME > 学部・大学院 > 文学部 > 人文社会学科 > 欧米言語文化コース

現代国際英語専攻

英語力を身につけるとともに
世界標準語としての英語を研究。

英語コミュニケーション能力を伸ばすとともに、英語圏の文化・文学や英語そのものも研究対象とします。標準的な英語だけでなく、世界各地で独自の変化を遂げた英語(インドやシンガポールなど)にも触れることで、英語と英語圏文化の多様性を理解し、世界中の人々と対話できる能力を養います。


ゼミナール・卒業論文テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業論文の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

英米文化研究T概論

文学部 教授
永瀬 美智子
19世紀、ロマンティシズムが主流だったアメリカ文学は、南北戦争を契機にリアリズムへと変化します。その代表作の一つが、白人少年と黒人奴隷の交流、少年の成長を描いた『ハックルベリー・フィンの冒険』です。作中には、南北戦争後に色濃く残る人種差別への批判が込められています。あらゆる文学作品にはその時代が投影されており、正しく理解するためにはその時代背景を知ることが重要です。建国とともに始まったアメリカ文学史を学び、現代のアメリカ社会の理解にもつなげてください。

ドイツ語圏文化専攻

ヨーロッパの中核をなす
ドイツ語圏文化を幅広く学ぶ。

約一億人の話者を擁するEU最大の言語であるドイツ語の修得と、ドイツ語圏の文学・文化の本質に迫ります。歴史、環境問題、クラシック音楽からポップカルチャーまで、多様なドイツ語圏文化に接することができる他、協定大学(ブレーメン大学、ブレーメン経済工科大学)との交流も積極的に展開しています。


ゼミナール・卒業論文テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業論文の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

ドイツ語圏文化講読III・IV

文学部 教授
河合 まゆみ
この授業ではグリム童話を題材に原文を正確に読解する力を養います。グリム童話はグリム兄弟によって蒐集・編纂された口承文学です。兄弟の生前、第7版まで版を重ねましたが、その過程でかなり手を入れられた話もあります。たとえば初版の白雪姫では姫を殺そうとする王妃は実母で、結末で姫は王子の家来に殴られて息を吹き返します。このような版による違いを検証したり、他の地域に伝わる類話と比較したりできるのもこの授業の魅力の一つです。

フランス語圏文化専攻

世界中に展開するフランス語圏文化。
その本質と多様性を探究する。

国連公用語でもあるフランス語を基礎から学び、世界に広がるフランス語圏の文学・文化を探究します。交換留学制度・認定留学制度を通して、毎年何名もの学生が、フランス各地の大学で学んでいます。フランス語での対話を通じて文化的な差異を理解し、言葉の背景にある文化やライフスタイルを学びます。


ゼミナール・卒業論文テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業論文の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

フランス語基礎演習

文学部 助教
Régis Dominique Olivero
週2回開講されるこの授業では、口頭表現を主軸とした、総合的なフランス語力のスキルアップをめざします。実際にフランスで使われているレストランやカフェのメニューを題材に、グループで模擬対話の台本を作成してロールプレイを行い、適切な会話表現や発音を学びます。その中で会話力を中心とした語学力を伸ばすとともに、現代フランス文化への理解も深め、3年次以降の専門教育科目へつなげるのがこの授業のねらいです。