HOME > 学部・大学院 > 経営学部

次代の飛躍への可能性を持つビジネス・パーソンを。

激しく変動する現代のビジネス社会では、さまざまな模索がつづいています。その中で、コスト管理や組織改革など、よりリアルでシビアな目で事業を見つめ直すことが必要になっています。しかし一方ではグローバル・ビジネスの進展により、新興国にさらなるマーケット拡大の兆しが生まれ、地球規模の環境問題、政治や人口構成の変化からは、新たなビジネスチャンスの到来をも予感させます。そんな時代に求められるのは、ビジネスの基礎を身につけ、かつ、市場の変化を先取りした柔軟な発想ができる人材。経営学部では、そのような、次代を担う人材を育成するため、経営学と会計学の2つの学問分野で、理論と実践力を養います。

経営学科

本学は1947年に「経営学」を開講した、この分野の東海圏でのパイオニア的存在です。これまでに数多くのビジネスパーソンや経営者を送り出してきました。将来、企業経営の中枢部をめざす人、マーケティングに関心のある人、情報技術や情報ビジネスを学びたい人、国際的企業で活躍したい人。あらゆるニーズに応えられる伝統と先進のカリキュラムが、ここにあります。

会計ファイナンス学科

1947年に「会計学」を開講して以来、本学からは数多くの税理士や公認会計士が誕生しています。その実績は中部地区トップクラスであり、本学の会計学教育の水準を物語っています。企業の経営状況を記述し、経営者や投資家への的確な情報提供を図る「アカウンティング」。企業経営に不可欠な資金調達方法や資金の管理・運用を考える「ファイナンス」。会計ファイナンス学科では、そのいずれかに軸足を置きつつ、その両者を深く学ぶことができます。