文字サイズ

会計ファイナンス学科

経営活動を理解し状況を分析すると、ビジネスの〝次〟が見えてくる。

めざすのは、高度化・複雑化するビジネスシーンで現状を把握し未来を予測できる人材。経営活動に関わる多様なデータから情報を抽出して分析・考察する能力は、ビジネスのあらゆる場面で武器となります。本学は1947年に「会計学」を開講して以来、数多くの税理士や公認会計士を輩出しました。その実績は中部地区トップクラスであり、本学の会計学教育の水準の高さを物語っています。会計ファイナンス学科では「アカウンティング」「ファイナンス」「ビジネスデザイン」の3つのコースを設置。選択した分野に軸足を置きつつ、高い専門性と幅広い知識を身につけます。

特色ある科目・プログラム

ビジネスデザインコース

会計や金融の知識を基盤にマネジメントを学ぶ

ビジネスデザインコースでは、会計およびファイナンスの知識を基盤として幅広くマネジメント全般を学び、新しいビジネスモデルの構築力や問題解決能力を養います。自由度の高いカリキュラムで、経営学科・会計ファイナンス学科の壁を越えた、柔軟な科目履修を実現しています。会計学とリンクした実践的な学びは、とくに経営企画や組織運営の分野で活躍するための原動力となるでしょう。

興味・関心や希望進路に応じて選択する3コース

会計や税務のエキスパートをめざす
アカウンティングコース


数字に強い経営者や税理士・公認会計士をめざす人を対象に、企業内でのお金の動きを中心とした経営を学ぶコース。簿記論や会計学を基礎として、管理会計論、原価計算論、会計監査論、国際会計論、財務諸表分析論などへと学びを進めます。
金融・資金運用の知識とスキルを習得する
ファイナンスコース


金融(お金の貸し借り)と財務(お金の管理と運用)を学び、資金調達や資金運用の手法に精通した人材を育成します。たとえば財務領域では事業投資の分析手法や金融商品による資産運用を学修。金融業界や企業の財務部門で活躍したい人に最適です。
会計や財務に強いビジネスパーソンを目指す
ビジネスデザインコース


会計や財務の知識に加えて、企業経営全般を幅広く学ぶコースです。経営分析やリスクマネジメントなど多彩な科目を履修し、多角的なマネジメントスキルを身につけます。企業の経営部門で新たな価値を創造できる人材を育成します。

学生の研究

栗濱ゼミ

地方分権の時代、監査制度のあり方が地方財政の未来を左右する。
担当教員:会計ファイナンス学科 教授 栗濱 竜一郎


●私の研究テーマ
「地方公共団体と監査の関係性」

中央集権から地方分権へとシフトし地方財政がひっ迫する中、各地方公共団体では無駄なものを省き、裏金などの不正資金を作らせないチェック機能が必要となっています。卒業論文では地方公共団体の監査制度について調べ、その特徴と問題点をまとめ改善策を作成しました。2006年に岐阜県庁で起きた不正資金事件では、旅費の架空請求などの不正経理による資金づくりが組織ぐるみで行われていました。現在は、厳格で効率的な監査の執行や透明性の向上などをめざした監査改革を進めていますが、専門知識を有する職員の長期的な配置など、さらなる改善が必要だと考えます。また地方公共団体の監査制度のあるべき姿について、総務省の有識者会議を基に検証を行いました。現状の監査制度には、国が統一した基準がありません。そこで共通の監査基準の策定、議員から選出された監査委員の廃止、監査委員の権限の強化などを改善策として提案しました。

●私の研究活動
監査の理論と制度を学び、経営学・経済学へと視野を広げる。

企業の発表する財務諸表を分析すると、企業の戦略や現在注力している分野などが明らかになります。数値から企業の状況を読み解く点に面白さを感じ、会計や税務を学ぶアカウンティングコースを選択しました。ゼミでは監査の理論と制度を研究。企業の財務諸表などのデータを読み解き、正しい経営活動が行われているかをチェックする監査は、社会に不可欠な機能です。会計学はもとより経営学や経済学、法律など隣接分野の知識も必要とされ、ゼミ活動を通して視野を広げることができました。卒業論文でも、まだ歴史の浅い地方公共団体の監査制度をテーマに選びました。岐阜県庁や総務省などの資料を基に研究を進める中で、一つの地方公共団体だけで監査制度を改善するのは困難なため、国の制度として統一した監査基準を整備する必要性を実感しました。

専門演習・卒業論文テーマ

取得を支援する資格

※ 豊橋キャンパスにて開講。