HOME > 学部・大学院 > 経済学部

グローバル社会を生きる知恵となり、武器となる。

経済学は200年を超える長い歴史を持つ学問です。その時々の経済現象を説明し、明日を予測し、望ましい方向へ導く提言を重ねてきました。その対象は財政・金融政策・景気・雇用と労働・社会保障・国際金融など広大です。経済学部経済学科では、長い歴史と広い領域を持つ経済学を基礎から、その応用、ビジネス現場での実践まで多様な学びの場を設けるためコース制カリキュラムを編成しています。培った視野と専門性は、グローバル社会を生きる確かな力になります。

高度な専門知識で現代の経済社会を分析、課題解決能力を備え広く活躍できる人材を。

経済学とは、市場を通して生産・分配・消費する活動やシステムを分析し、流通・金融・財政などを含む経済全体を展望する学問です。本学部では、経済学の基礎となるミクロ・マクロ経済学から金融・財政・労働経済などのコア科目までの体系的なカリキュラムと、目的や関心に合わせた、現代経済・経済政策・グローバル経済・社会経済の4コースにより、段階的に専門知識を身につけることができます。また、英語を中心とした多様な語学や情報系科目といった他領域についても学び、幅広い知識を修得するとともに、1年次から少人数の演習クラスを設け、グループ討論やディベートゲームを通じて、プレゼンテーション能力やコミュニケーションスキルを養成します。ほかにも、野村證券の実務家を招いての講座を開講。第一線で活躍する方々からのリアルな講義によって、ビジネス現場に即応できる実践力の育成にも注力しています。国内はもちろん、国際的な競争力が求められる現代においては、知識を持つだけでなく自ら思考して発信し、他者と協働できる力が不可欠です。高度に情報化したグローバル社会を勝ち抜くための、深い教養と専門知識を基盤とした総合的なコミュニケーション能力と課題解決能力を養い、これからのビジネスを牽引できる人材を育てるのが本学科の教育目標です。こうした学びを経て、金融をはじめとする幅広い業界や、税理士や公認会計士といった経済のスペシャリストとして力を発揮してほしいと考えています。

トピックス

金融市場の現実を学ぶ。

資本市場の役割と証券投資について学ぶ「野村證券寄附講座」。
野村證券は2015年12月に90周年を迎えた世界有数の証券会社で、2020年東京オリンピック・パラリンピックでは国内最高位のスポンサー「ゴールドパートナー」にも名を連ねています。
「経済学特殊講義A(野村證券寄附講座)」は、野村證券と愛知大学の連携による講座で、経済学部の2年次以上を対象として、秋学期に開講されます。業界の最前線で活躍する現役証券マンを講師として招き、金融市場の生々しい動きを交えた講義を展開することで、現場視点を養うことがねらい。「債券市場の役割と投資の考え方」「産業展望と投資の考え方」「リスク・リターンとポートフォリオ分析」「投資信託の役割とその仕組み」「外国為替相場とその変動要因について」など、理論と実践の両面にまたがる15講座が開かれます。
資本市場の役割と証券投資の実際について学べるこの講座は、2004年に野村證券の提案によってスタートし2015年で12年目となりましたが、金融業界への就職を希望する学生を中心に、毎年人気の高い講座となっています。

電力小売自由化に迫る研究フォーラム。

教員・学生、自治体や市民とともに。
2016年4月から電力小売完全自由化がスタートしました。これに先立つ2015年11月16日、経済学部の教員と学生で構成する経済学会が「地域創生とエネルギー市場自由化」研究フォーラムを主催しました。学生にとっては、日頃から公共経済・環境経済などで学んでいるエネルギー問題を、日本経済・地域経済などで学んでいるアベノミクスの重要課題“地域創生”の視点から討論する機会となりました。
フォーラムでは、中部経済産業局による電力自由化政策の解説をもとに、5名の外部講師とともに地方自治体が中心となる電力小売の事例を分析。さらに静岡・愛知・長野・岐阜・三重の各県から参加した12自治体の職員らと中部地方での具体的取り組みを探りました。電力は地域を創生するか?―この疑問も投げかけた本フォーラムは、高い評価を得ました。

4年間の流れ

経済学を学ぶ上での知識や学習方法を身につけ関心を高めます。マクロ経済学、ミクロ経済学を学び経済学の基礎知識を修得します。
将来の目的や関心に応じ、4コースに分かれます。それぞれのコースに合わせて専門教育科目を履修していきます。
専門教育科目を体系的に学びつつ、少人数の専門演習(ゼミナール)で関心あるテーマを追究。自由なディスカッションによって、論理的な思考力や経済学への多角的な視点、プレゼンテーション能力を養います。4年次では集大成となる卒業研究に取り組みます。

2年次から選択できる4つの専門分野

経済理論とその実証手法を学ぶ
現代経済コース
マクロ・ミクロ経済学を基礎とする経済理論によって現象を考察する力。経済統計学などで得られるデータをもとに社会を分析する力。これらの能力を養い、現代の変化しつづける経済問題・社会問題を見極める力を身につけます。
合理的な政策立案能力を磨く
経済政策コース
理論学習を基礎としながら、より実際的な経済政策を重視するコース。財政学・経済政策・社会政策・公共経済学などの知識と併せて研究方法を身につけ、現実社会の中から問題を発見し、合理的な政策を立案する能力を育てます。
歴史的観点も備えて世界経済を研究
グローバル経済コース
今日の国際的な経済問題を、政治的要因も考慮しながら理論的・実証的に研究します。このためアジア・欧米諸国の経済動向を把握することに加え、各国の歴史的背景を学びます。国際語としての英語教育にも力を入れています。
経済学を包括的に多面的な視点で学ぶ
社会経済コース
経済、政治、文化などのさまざまな要因からなる現代社会について、経済学の基礎や経済史とともに複数の分野から幅広く学びます。環境、雇用、福祉などの現実の諸問題について多角的な視点から分析し、問題解決能力を養います。

関連情報

関連リンク

セミナーレポート
ゼミの様子をご紹介します。