HOME > 学部・大学院 > 経済学部

グローバル社会を生きる知恵となり、武器となる。

経済学は300年を超える長い歴史を持つ学問です。その時々の経済現象を説明し、明日を予測し、望ましい方向へ導く提言を重ねてきました。その対象は財政・金融・景気・雇用・社会保障・国際金融など広大です。経済学部経済学科では、長い歴史と広い領域を持つ経済学を基礎から、その応用、ビジネス現場での実践まで多様な学びの場を設けるためコース制カリキュラムを編成しています。培った視野と専門性は、グローバル社会を生きる確かな力になります。

激動の現代社会を生き抜くために、論理的思考力を養い、新たな経済のあり方を模索。

経済の情報化・グローバル化・金融化に伴って激しく変動する現代社会は、成長と安定を備えた新たな経済モデルが模索される時代でもあります。本学部ではこうした時代の要請に応え、経済学の基礎から応用・実践までの高度な専門知識を修得し、現代の経済社会に対する分析力と、経済学の視点に基づいた論理的思考力を養います。1年次には教養科目と経済学の基礎科目を学び、2年次以降は「経済分析」「政策・地域」「世界経済」の3コースを用意。経済学の基礎となるミクロ・マクロ経済学から金融・財政・労働経済などのコア科目まで、体系的に学びつつ専門分野を深めるカリキュラムとなっています。そして本学部の特色となっているのが1年次から行われる少人数制の演習です。文献の読み方やレポートの書き方、問題発見や課題設定、文献・資料の収集法などを学び、知的生産のための基本技術を身につけます。さらに小グループでの討論や発表を積極的に行うことでプレゼンテーション能力やコミュニケーションスキルを養い、3年次以降の専門演習で必要となる高度な論理的思考力を鍛えます。名古屋駅西地区の現状分析といったアクティブ・ラーニングや野村證券の現役証券マンによる連携講座など、ビジネスの現場を肌で感じる機会も多く、こうした学びから卒業後の進路を具現化し、税理士や公認会計士などの専門家や、幅広い業界で活躍できる経済人をめざしてほしいと考えています。

トピックス

金融市場の現実を学ぶ。

資本市場の役割と証券投資について学ぶ「野村證券寄附講座」。
「経済学特殊講義(野村證券寄附講座)」は、野村證券と愛知大学の連携による講座で、経済学部の2年次以上を対象として、秋学期に開講されます。業界の最前線で活躍する現役証券マンを講師として招き、金融市場の生々しい動きを交えた講義を展開することで、現場視点を養うことがねらい。「債券市場の役割と投資の考え方」「産業展望と投資の考え方」「リスク・リターンとポートフォリオ分析」「投資信託の役割とその仕組み」「外国為替相場とその変動要因について」など、理論と実践の両面にまたがる15講座が開かれます。資本市場の役割と証券投資の実際について学べるこの講座は、2004年に野村證券の提案によってスタートし2017年で14年目となりますが、金融業界への就職を希望する学生を中心に、毎年人気の高い講座となっています。

経済学会主催講演会

Introduction to Economics 〜経済学を学ぶこと〜
2016年10月24日に名古屋キャンパスにてイタリア カターニャ大学経済学部教授Isidoro Mazza氏を講師に招き、学術講演会「Introduction to Economics 〜経済学を学ぶこと〜」を開催。講演では、合理的個人を前提とする「標準的経済理論」と限定的合理性のもとでの「行動経済学」を対比しながら、標準理論から現在の先端理論へと平易に解説していただきました。さらに、経済事象への経済学の応用についても詳しく説明されました。講演会場では、参加した経済学部の学生が熱心に講演に聞き入っていました。また、今回の講演はすべて英語だけで行われていましたが、参加学生たちは講演後の質疑応答で積極的に発言。学生に世界的な共通知識としての経済学を認識してもらうために、今後もこのような学術活動を促進し、よりグローバルな視点から学問の有用性を理解する機会をつくり続けていきます。

海外に赴き現地の国際経済を体感。

「日本のものづくり」を海外の視点から見つめ直す。
グローバル化の進む近年のビジネス環境を肌で感じるために、海外の現地企業や日系企業などを訪問して調査研究を行う集中講義科目「フィールドスタディ」。過去には中国・シンガポール・インドネシアなどで実施しました。受講者は「フィールドスタディ方法論」という科目を春学期に受講し、海外に赴く前に各自でものづくりに関するテーマを設定し、その調査対象の起源と実在と今後について事前学習を行います。これにより現地調査で歴史・経済・文化の側面からものづくりを調査し、幅広い視野と国際感覚を身につけることができます。

4年間の流れ

経済学を学ぶ上での知識や学習方法を身につけ関心を高めます。マクロ経済学、ミクロ経済学を学び経済学の基礎知識を修得します。
将来の目的や関心に応じ、3コース※に分かれます。それぞれのコースに合わせて専門教育科目を履修していきます。
※2018年4月、経済分析、政策・地域、世界経済の3コース制を導入
専門教育科目を体系的に学びつつ、少人数の専門演習(ゼミナール)で関心あるテーマを追究。自由なディスカッションによって、論理的な思考力や経済学への多角的な視点、プレゼンテーション能力を養います。4年次では集大成となる卒業研究に取り組みます。

2年次から選択できる3つの専門分野

経済理論とその実証手法を学ぶ
経済分析コース
マクロ経済学やミクロ経済学を基礎とする経済理論によって現象を考察する力を養うコース。経済統計論Tや経済データ分析、統計学Uなどで得ることのできるデータを基に社会を分析する力や金融論T・Uや資本主義経済論といった実際的な学問を通して分析する力をさらに高めます。これらの能力を養い、現代の変化し続ける経済問題・社会問題を見極める力を身につけます。
※2018年4月に現代経済コースより名称変更
現実の諸問題を分析し
合理的な政策立案能力を磨く
政策・地域コース
理論学習を基礎としながら、実際的な政策を重視するコース。財政学・経済政策・公共経済学などの知識と併せて研究する方法を身につけ、現実社会の中から問題を発見し、合理的な政策を立案する能力を育てると共に経済、政治、文化などのさまざまな要因からなる現代社会について複数の分野から幅広く学びます。環境、雇用、福祉などの現実の諸問題について多角的な視点から分析し、問題解決能力を養います。
※2018年4月に経済政策コース・社会経済コースより名称変更
歴史的な観点を備えて
世界経済を研究
世界経済コース
今日の国際的な経済問題を、政治的要因も考慮しながら理論的・実証的に研究します。このためアジア・欧米諸国の経済動向を把握することに加え、各国の歴史的背景を学びます。国際経済学や国際金融論をはじめ、海外の経済動向と日本の経済動向を比較し広い視野で問題発見・解決能力を養う科目を学びます。また、英語力養成にも力を入れており、経済英語など経済学に即した英語を学ぶことが可能です。
※2018年4月にグローバル経済コースより名称変更

関連情報

関連リンク

セミナーレポート
ゼミの様子をご紹介します。