文字サイズ

文学部 社会学コース

社会学専攻

「現代社会」という巨大な対象に切り込むための知識と技術を

変化する日常の中で、「より人間らしく、より住み心地のよい社会をどのように築いていくのか」を考えるためには、社会の仕組みや決まりを客観的・批判的に捉えることが必要です。社会学専攻では、社会調査に関わる科目を通して社会の構造や動きを実証的に捉える技法を学び、現代社会の抱える諸問題に多角的に迫ります。

専門演習・卒業論文テーマ

専門演習 主なテーマ
卒業論文 主なテーマ

科目紹介

人文社会学科 准教授 植田 剛史
地域社会学
人文社会学科 准教授 植田 剛史

「熊しか通らない道路」が論争の種になるほど、戦後の日本では、全国津々浦々でインフラ整備が進められてきました。しかし、人口減少と高齢化が進み、かつてほどの経済成長も見込めない今日、これらをどう維持管理するかは、重たい課題です。なぜこうなってしまったのか。「開発主義」をキーワードとして、地域社会を枠づけてきた仕組みを読み解きます。

トピックス

「社会調査士」資格が取得可能

ビジネスや行政で、調査の専門家として活躍

社会調査士とは、社会事象の調査企画から報告書作成までの全過程に精通し、調査方法・分析手法妥当性や問題点を指摘できる能力を備えた社会調査の専門家で、一般社団法人社会調査協会が認定する民間資格です。社会学専攻では、所定科目の単位を修得して卒業すると、社会調査士の資格を取得できます。在学中でも、条件を満たせば資格取得見込みの認定を受けることができ、就職活動などに活かすこともできます。