文字サイズ

現代中国学部 現地主義教育

グローバル・キャリア・ビジョンを養う

本学は実体験型の学びを「現地・現場主義教育」として重視し、社会に役立つ総合的な人間力を涵養する教育を実施してきました。 グローバル人材育成という観点から見れば、語学力、コミュニケーション力、主体性・積極性、協働力、日本理解・発信力、異文化理解、多文化共生などのすべての側面で能力育成に資する教育を行っています。


日本、中国、アジアで、そして世界で活躍する

人材・人財の育成「現地主義教育」として「現地プログラム」(中国語研修のための全員留学)、「現地研究調査」(フィールドワーク)、「現地インターンシップ」という3つの現地教育プログラム(正課)を中心に、特徴的で実践的な教育を推進しています。
次世代をリードする人財育成としては、グローバルキャリア・パスを視野に入れ、言葉や文化の違いを乗り越え、日本のみならず、世界のどこででも活躍するたくましい人材・人財の養成に取り組んでいます。

3つの現地体験

現地プログラム(2年次)

中国・台湾・マレーシアのいずれかへ、4カ月間の全員留学
現代中国学部の最大の特長といえるのが、この「現地プログラム」。2年次春学期に全員が4カ月間留学します。2015年度から従来の実施拠点である南開大学(中国・天津市)に加え、国立台湾師範大学(台湾・台北市)と南方大学学院(マレーシア・ジョホールバル)が加わりました。国立台湾師範大学は、台湾屈指の総合大学。中でも「国語教学センター」が有名で、その中国語教育は世界的にも高く評価されています。また、南方大学学院はマレーシア初の華人系大学で、多民族国家マレーシアならではの環境の中で、中国語に加えて英語も学ぶことができます。いずれの「現地プログラム」も、授業ではネイティブ教員のもと、中国語運用能力の向上をめざすことはもちろん、京劇、美術、二胡などの中国伝統文化を学びます。また、南開大学や国立台湾師範大学では、語学パートナーやチューター制度を利用して、現地の中国語表現を身につけるとともに、若者たちの考え方や異文化を吸収します。南方大学学院では、参加者全員が中国語の他に英語の語学パートナーを持ち、2言語修得をめざしています。



ウェブ上にて「現プロ便り~現地プログラム 学生・教員からの近況報告~」を公開しています。
現地での体験談を写真と共にご覧いただけます。

現地研究調査(3年次)

中国または台湾で企業・都市・農村の3視点から調査
約20名の選抜メンバーが夏季休暇中の約2週間、中国または台湾の1都市で、企業班・都市班・農村班に分かれて現地の大学生と共同調査に取り組みます。最終日には現地の調査関係者らを招いて開催する日中学生シンポジウムで、中国語を使って研究成果を発表します。現地社会への理解を深めるとともに、調査研究方法やプレゼンテーションの技術も学ぶことができます。


現地インターンシップ(3年次)

北京・上海での企業研修を含む1年間の長期プログラム
夏季休暇中の約2週間、北京または上海の企業で行うインターンシップと事前・事後学習からなる長期プログラム。学生が国際的なキャリアデザインを描く機会となっています。2年次の12月に約20名が選抜され、4年次からは正課科目と課外講座で事前学習。帰国後の秋学期には事後学習を経て12月の成果報告会で発表します。


現地主義教育に関連する授業科目等
学年セメスター備考
11基礎中国語I~IV、中国語リスニングI
2現地プログラム基礎、現地プログラム生活事前教育、基礎中国語V~VIII、中国語リスニングII
23現地プログラム (応用中国語I~VIII、中国文化講座、現地ライフレポート、現代中国社会論など)
夏季休暇2年生インターンシップ(国内)
4コミュニケーション中国語I、中国語プレゼンテーションI、日中ビジネス会話など
次年度ガイダンスと選抜 (現地研究調査、現地インターンシップ)
35現地研究調査 (現地研究調査基礎、国際社会調査論)、
現地インターンシップ (現地インターンシップ事前研修)、
コミュニケーション中国語II、中国語プレゼンテーションII、日中ビジネス会話IIなど
夏季休暇現地研究調査 ([日中学生国際シンポジウム])、
現地インターンシップ ([中間報告会])
6現地研究調査 (現地研究調査・報告、『学生が見た中国社会』)、
現地インターンシップ (現地インターンシップ研究報告、『現地インターンシップ報告書』、[現地インターンシップ成果報告会])
47卒業研究
8