HOME > 大学紹介 > 学長だより

ご挨拶

1946年に創立された本学の設立趣意書では、その設立理由として「世界平和に寄与すべき日本の人文の興隆と才能ある人材の養成」を謳っており、そのもとで@地方の学問文化、経済の発展への貢献、A国際的教養と視野をもった人材の育成等を大学の特別な「使命」としています。この建学の理念は、国際社会のグローバル化が進み、地域社会の創生と発展が求められている現在においても、大きな意義を持つものといえます。

本学は、地域社会への貢献の面では、東海地方を中心に地方自治体、企業、団体等に多数の有為な人材を輩出しており、地域社会との教育研究面の連携を進めています。2011年度に地域政策学部の設立、三遠南信地域連携研究センターの共同利用・共同研究、地域連携室の設置などの取り組みは近年の一例です。

他方で国際的人材育成の面では、これまでビジネスや国際協力の分野を中心に多くの国際人材を輩出しています。これらは、現代中国学部、国際コミュニケーション学部を中心に積極的に取り組んでいます。さらに、高度専門職業人の養成にも注力しており、法科大学院による司法試験合格実績は全国的でも高い合格率をあげています。本学は2016年に創立70周年を迎え、2017年春には名古屋キャンパスにおいて、本館(研究棟)、グローバルコンベンションホール、ラーニングコモンズ、グローバルラウンジなどが完成します。今後も建学の理念に沿って次世代の人材を育成すべく、教育研究の質をいっそう高め、ブランド大学をめざします。

2015年12月