HOME > インフォメーション

インフォメーション

2017.03.27

名古屋キャンパス第2期工事竣工式、内覧会、祝宴を催しました。




3月25日(土)10:00より、名古屋キャンパスグローバルコンベンションホールにて、第2期工事竣工式典が開催されました。竣工式では、来賓、教職員、関係者をはじめ、約150名の参加者がありました。

川井伸一理事長・学長からは、「2008年1月に名古屋市のささしまライブ24地区開発提案競技」に採択され、2012年4月には第1期工事竣工・名古屋キャンパスが開校、そして本日の第2期工事竣工により、名古屋キャンパスの建設計画が完成しました。本館(研究棟)には、学生のグループ学習、発表を支援するラーニングコモンズ、20階にはスカイラウンジがあり、グローバルコンベンションホールは600名収容、4ヵ国語同時通訳の設備、平松礼二先生に制作いただいた絵画も飾られています。厚生棟の5階には、外国人教員・留学生と学生が英語、中国語で会話、学習ができるグローバルラウンジが設けられました。以上により、学生用のスペースが約2.5倍に拡大され、教育学習上の利便性が大幅に向上します。愛知大学は、新たな施設を踏まえて、教育研究の充実、社会連携の発展に引き続き努力していきます。」などと述べられました。

その後、文部科学省高等教育局 村田善則私学部長、河村たかし名古屋市長、経済産業省 波多野淳彦中部経済産業局長からの来賓祝辞、日本画家で本学卒業生の平松礼二先生への感謝状贈呈、川井理事長・学長及び来賓による記念テープカットが行われました。

また、竣工式後には、内覧会、祝宴が行われ、祝宴には大村秀章愛知県知事、中部経済連合会中村副会長からも来賓祝辞をいただきました。竣工式、内覧会、祝宴からなる竣工式典は多数の来賓に参加いただき盛況のうちに終了しました。