HOME > インフォメーション

インフォメーション

2016.09.29

三遠南信地域連携ビジョン推進会議と愛知大学との相互協力及び連携に関する協定が締結されました。



9/23に本学豊橋キャンパスの三遠南信地域連携研究センターにて、「三遠南信地域連携ビジョン推進会議と愛知大学との相互協力及び連携に関する協定」の締結式が行われました。
これは、三遠南信地区の自治体で構成されている、三遠南信地域連携ビジョン推進会議(通称SENA)と、本学が相互協力及び連携のもと、三遠南信地域連携ビジョンの推進を支援し、三遠南信地域の振興発展に寄与していくことを目的として締結されました。

この目的を達成するために、
(1)三遠南信地域連携ビジョン策定に係る共同研究に関すること
(2)三遠南信地域における人材育成及び教育プログラムの開発に関すること
(3)その他、三遠南信地域に係る研究に関すること
また、これらの事項を効果的に実施するため、愛知大学の三遠南信地域連携研究センター内に三遠南信地域連携ビジョン推進会議の事務局分室を置くことになっています。

締結式には、SENAからは鈴木康友会長(浜松市長)、佐原光一副会長(豊橋市長)、牧野光朗副会長(飯田市長)を始め、事務局の方々、本学からは川井伸一学長、戸田敏行三遠南信地域連携研究センター長、佐藤元彦同初代センター長、樋口義治文学部長、新井野洋一地域政策学部長、谷彰短期大学部長が出席しました。

冒頭に、鈴木会長から今後の本学との連携による、三遠南信地域の発展を期待する旨のご挨拶があり、その後、川井学長からもその期待に応えていくとの挨拶もされました。
その後、協定書に署名し交換が行われ、締結式は無事に終了しました。

協定書はこちらからご覧いただけます。