文字サイズ
平松礼二画伯特別展覧会
本学名誉博土、卒業生である平松礼二画伯の特別展覧会を開催いたします。
今回の展覧会作品は、著名な日本画家である平松礼二画伯自ら厳選されたものです。
日本各地、東海地方、フランスジャポニズム、「文藝春秋」の表紙画など多彩な作品が展示されます。
ぜひこの機会にご覧ください。

第3回愛知大学名誉博士平松礼二画伯展覧会「Hiramatsu à Giverny」

日時:2019年11月15日(金)~11月23日(土・祝)
10:00~16:00(期間中休まず開館、入場無料)


開催会場:愛知大学 豊橋キャンパス 愛知大学記念館2階 名誉博士記念室
会場のご案内はこちら

※『愛知大学通信』Vol.215号でご案内しておりました、11月16日(土)に開催予定の「平松礼二画伯によるガイドツアー」及び「特別講演会」は諸事情により中止させていただくこととなりました。ご参加予定の皆様にはご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
※特別展覧会開催期間中に「Hiramatsu à Giverny ジヴェルニー印象派美術館「ジャポニスム/印象派」展から」を上映いたします。

愛知大学名誉博士平松礼二画伯

愛知大学名誉博士平松礼二画伯
平松礼二画伯は、1961年愛知県立旭丘高等学校美術科から本学へ、1965年に本学法経学部をご卒業後、日本画家として活動され、第1回中日大賞展大賞、第10回山種美術館賞展大賞、第12回MOA美術館大賞、第57回中日文化賞等を多数受賞、2000年新年特別号から11年間月刊「文藝春秋」132冊の表紙画を担当、日本を代表する画家のひとりでいらっしゃいます。また、フランスのジヴェルニー印象派美術館やドイツのベルリン国立アジア美術館からの招聘等により展覧会が開催され、国内のみならず、海外でもご活躍されています。さらに、多摩美術大学教授、了徳寺大学学長、順天堂大学客員教授を歴任され、次世代の才能育成にも精力的に取り組んでこられました。

主な展示作品

  • 「路・木祖谷 春の奏」 1986年
  • 「路・木祖谷 夏の奏」 1986年
  • 「路・木祖谷 秋の奏」 1986年
  • 「路・木祖谷 冬の奏」 1986年
  • 「路・木曽輪中流転」 1988年
  • 「路・白い波の彼方へ」 1992年
  • 「路一月の雨」 1997年
  • 「フランス屏風・春の曲」 1998年

開催会場

愛知大学 豊橋キャンパス 愛知大学記念館2階 名誉博士記念室
※「豊橋」駅より豊橋鉄道渥美線(「新豊橋」駅乗り換え)「愛知大学前」駅隣接
キャンパスマップ
愛知大学記念館 外観