文字サイズ

【Learning+】「JAL&H.I.S.×愛知大学」優勝チームの商品化が決定しました

大学全般
10月24日(木)、「JAL&H.I.S.~旅行商品開発プロジェクト(ハワイ編)」の商品化をかけて、名古屋外国語大学と名古屋市立大学と本学より各2チームの合計6チームによる最終審査会が日本航空株式会社名古屋支店で開催されました。
その中でハワイ諸島の1つであるラナイ島をテーマに「知らないラナイ被らない」を企画した国際コミュニケーション学部3年次のチーム『HIPAHIPA』が見事優勝を果たし、来春のH.I.S.様からの旅行ツアー商品化を勝ちとりました。
最終審査会ではトップバッターとして大きなプレッシャーの中での発表となりましたが、日々の練習の成果を存分に発揮し、躍動感のあるプレゼンテーションと研究の成果を論理的に発表しました。
昨年度も台湾をテーマに本最終審査会で本学代表チームが商品化を勝ちとっており、2連覇を達成しました。

本学では産官学連携プログラムの1つとして、本プログラムを展開しており、本年度も約5ヵ月のプログラムに全10チーム計50名が参加し、上記の3大学による最終審査会に2チームが進出しました。
今後もさまざまな産官学連携プログラムを今後も多く開催し、学生にキャリア支援を充実させていきます。