文字サイズ

弓道部が全国大会で好成績を収めています!

その他
弓道部にて活躍する文学部3年三嶋柊太さん、文学部4年堀内弥花さんが全国大会で好成績を収めました。お二人の実績とともに、喜びの声をお届けします。

【文学部3年 三嶋柊太さん】
8月17日(土)に兵庫県の神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて開催された第50回全日本学生弓道遠的選手権大会男子の部に出場し、1次・2次予選、そして決勝射詰を勝ち抜き優勝を果たしました。

◆三嶋柊太さん
どちらかというと喜びというより驚きの方が大きかったです。弓道を中学からやっているのですが、近的も遠的も全国はもちろん、地区大会でも個人で優勝したことはなく今回が初めてだったので衝撃しかありませんでした。今後の目標として、弓道では、なるべく大会に参加し、個人でも団体でも多く入賞したいと思っています。また、9年間の弓道生活を通して経験し学んだことを活かし、就職活動に臨みたいと思います。

【文学部4年 堀内 弥花さん】
昨年に引き続き愛知県代表に選ばれ、第74回国民体育大会弓道競技成年女子に出場しました。大会は10月4日(金)から7日(月)にかけて行われ、近的の部で2位、そして遠的の部で6位の好成績を残しました。

◆堀内弥花さん
昨年の国民体育大会では近的の部のみの表彰でしたが、今年は遠的の部6位と近的の部2位を取ることができて本当に嬉しかったです。近的の部では落ちとしてチームの最後の一本を決めることができ、勝利に貢献することができたのではないかと思います。次の目標は大学生として出場できる最後の全国大会があるので、後輩みんなと力を合わせて優勝したいです。