文字サイズ

岡崎市との連携・協力に関する協定を締結しました

大学全般
9月6日(金)、岡崎市役所において岡崎市と本学の連携・協力に関する協定締結式が催されました。
この協定は、岡崎市と本学が相互の交流と連携を強化し協力することで、地域の活性化、産業の振興、地域文化の振興、健康福祉の推進、優れた人材の育成等に寄与することを目的とし、締結するものです。
式では、内田康宏岡崎市長より「今後の岡崎市の取り組みについて若い世代の意見を広く聞きたい」との意向が述べられ、これに対し本学は、地方自治体への政策提言に関し研究に取り組む法学部入江容子ゼミにて、岡崎市における課題をテーマに研究論文の執筆に取り組むことを発表しました。

【写真紹介】協定締結式にて協定書に署名した内田康宏岡崎市長(右)と川井伸一愛知大学学長(左)


【参考】本学における地方自治体等との連携協定は、こちらをご覧ください。

また、本件は中日新聞に紹介されました。
【中日新聞】「岡崎市と愛知大が地域文化など連携 協定を締結」(2019年9月7日西三河総合版掲載)
※中日新聞社許諾番号:20190913-23319