文字サイズ

本学経営学部の田中英式教授が一般財団法人商工総合研究所の 「2018年度 中小企業研究奨励賞 経済部門準賞」を受賞しました

研究・シンポジウム
本学経営学部の田中英式教授の著書が商工総合研究所主催の2018年度中小企業研究奨励賞(経済部門準賞)を受賞しました。

受賞作品:田中英式著『地域産業集積の優位性―ネットワークのメカニズムとダイナミズム』(白桃書房、2018年2月刊行)

中小企業研究奨励賞は、中小企業に関する優れた図書または定期刊行物に発表された論文を表彰するもので、 1976年から実施され今回が43回目となります。
今回は、2017年8月1日から2018年7月31日までに発表された図書または論文が対象となり、過去最高の96点の応募がありました。その中で、田中英式教授の著書を含む4点が選出されました。

一般財団法人 商工総合研究所ホームページに掲載されております。こちらもご覧ください。→商工総合研究所HP 受賞作品発表 

受賞作の『地域産業集積の優位性』は、岡山ジーンズ産業集積、今治タオル産業集積、および岐阜婦人アパレル産業集積を対象とした広範かつ丹念な現地フィールドワークから、集積内部の企業同士のネットワークが、いかにして競争優位性を生み出しているかを明らかにした実証研究です。
なお、当該図書は2017年度の愛知大学出版助成により出版されました。