愛知大学へのご寄付について

70周年記念事業について

愛知大学では、創立70周年にむけて、名古屋キャンパス(ささしま)の開校・整備など、5つの記念事業を実施することで、総事業費約500億円を見込み、このうち50億円を記念募金の目標額として、皆様にご尽力とご支援をお願いさせていただきました。

企業及び地域社会の皆様、卒業生や在学生父母の皆様には、本学の諸事業への取り組みに対して、温かいご支援を賜りました。
創立70周年記念募金についてのお問い合わせやご連絡は、愛知大学校友課(創立70周年記念募金事務局)にて、お受けいたしております。
お問い合わせ先はこちらをご覧ください。

70周年記念事業一覧

1 名古屋キャンパス(ささしま)

名古屋駅ささしまライブ24地区における名古屋キャンパスの開校・整備
名古屋市と連携し、「名古屋キャンパス(ささしま)」を2012年4月に開校しました。愛知大学の建学の精神である「国際的教養と視野を持つ人材の育成」「地域社会への貢献」を現代に具現化し、最先端かつ国際的な学術交流を推進します。同時に名古屋市がめざす同地区の開発コンセプト「国際交流拠点の形成」「にぎわいのある複合型まちづくり」に貢献していきます。また環境にも最大限配慮し、安全・安心なまちづくりに寄与します。
事業番号事業項目
1-①教学組織の整備及び教育内容の充実
1-②一般市民やビジネスマンを対象とした中国語講座「孔子学院」の一層の充実
1-③グローバルコンベンションホール、国際ビジネスセンター、 国際研究機構等の設置
1-④環境先進都市に相応しいエコキャンパスの整備等

2 豊橋キャンパス

豊橋における教学組織及び教育環境の整備・充実
本学発祥の地である豊橋キャンパスには、従来の教学組織を再編して、2011年に地域政策学部を設置しました。また文学部を再編するほか、新領域の新学部も新たに構想中であり、教学組織の整備及び教育内容の充実をはかります。併せて、施設・設備を整備し、教育環境の一層の整備・充実を行います。
事業番号事業項目
2-①地域政策学部の設置及び文学部の再編等
2-②新領域新学部の設置
2-③東亜同文書院大学記念センターの整備・充実

3 車道キャンパス

車道における教学組織及び教育環境の整備・充実
2012年4月に大学院が移転し、現在5つの研究科と専門職大学院が集結する車道キャンパス。全国でも上位に入る合格率を誇る法曹養成のための教育を行う法科大学院や、税理士などの会計人を養成する経営学研究科の実績を土台として、新たな教育・研究活動を融合させた大学院教育を展開します。
事業番号事業項目
3-①法科大学院教育体制の充実と司法試験に挑戦する学生のための勉学環境の整備
3-②会計人養成のための教育体制の充実と公認会計士試験、税理士試験に挑戦する学生のための勉学環境の整備

4 学生支援活動の充実・強化

奨学基金・キャリア支援・課外活動の支援・教育環境の整備等
これまでも、同窓会・後援会と連携し大学独自の奨学制度を整備してきましたが、これをより一層充実させていきます。また、在学中の資格取得や就職活動などのキャリア支援をますます拡充させ、学生のみなさんに安心して充実した学生生活を送っていただくためのバックアップを行います。
事業番号事業項目
4-①奨学基金の一層の充実
4-②各種公務員試験、教員採用試験等資格取得講座の充実・補助
4-③キャリア支援ガイダンス、企業・官公庁学内セミナーの一層の充実等
4-④クラブ・サークル活動の支援
4-⑤情報メディアセンター、語学教育、図書等の教育環境の充実・整備

5 社会貢献活動の推進

「地域社会への貢献」は愛知大学の建学の精神のひとつであります。これまでにも、中国クブチ沙漠への植林活動「ポプラの森」や、オープンカレッジでの一般市民向け生涯学習講座の開講、各地での公開講座・講演会の開催などさまざまな形で地域への貢献を行ってきました。これからも社会貢献を推進していきます。
事業番号事業項目
5-①愛知大学緑の協力隊「ポプラの森」派遣のための支援
5-②エクステンション・オープンカレッジの充実
5-③公開講座・講演会、企画・展示等の開催

募金要項

募金の事業名愛知大学創立70周年記念募金
募金目標額50億円
募集の期間2008年11月15日から2018年11月14日まで