HOME > キャンパスライフ・学生支援 > 学生生活サポート > 奨学金

奨学金概要

奨学金制度の目的

奨学金制度は、家庭の経済的理由により修学困難な学生に対し、奨学金を給付または貸与することによって学費の負担を少しでも軽減し、それにより学業に専念できるようにとの目的で設けられたものです。

申込案内

本学独自の奨学金をはじめ、日本学生支援機構、地方自治体、民間団体など、大学を通して推薦依頼のある各種奨学金についての申込案内は、すべてそれぞれの学生課の掲示板でお知らせします。希望する場合は申込時期をのがさないように注意してください。

採用状況及び奨学生としての心構え

それぞれの制度により、出願時期や出願資格が異なり、希望者全員が採用されるとは限りません。また日本学生支援機構の奨学金等では、奨学生として採用されても、学業不振、修学状況不良などにより奨学生として不適格と判断されたときは、廃止等の処置を受けることがあります。いずれも奨学生として採用されたことを充分自覚し、手続き等に不備がないよう努めなければなりません。

奨学金取扱窓口

豊橋校舎 名古屋校舎 車道校舎
豊橋学生課 名古屋学生課 車道教学課

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構の奨学金は、意欲と能力のある学生の教育を受ける機会を保障し、できるだけ自分の力で学生生活を送れるよう支援するものであり、国内の奨学金制度の中で最も大規模なものです。本学では約3,000名の学生が採用されています。
奨学金の種類は次のとおりです。詳細については、各学生課、教学課窓口まで問い合わせてください。

貸与種別 第一種奨学金(無利子) 第二種奨学金(有利子)
内 容 人物・学業ともに特に優れた学生で、経済的理由により、著しく修学困難な者に貸与する 人物・学業ともに優れた学生で、経済的理由により、修学困難な者に貸与する
返 還 卒業後に無利息で返還する 卒業後に年利率3%を上限とした利息を上乗せして返還する(在学中は無利息)
主な学業
成績基準
1年次 高校の評定平均が3.5以上 出身学校における学業成績が平均水準以上
2年次以上 大学における学業成績が上位1/3以上 大学における学業成績が概ね平均水準以上
家計基準 家族数によって、収入基準額が定められており、家計支持者の年間総所得が基準以内にあること
<<家計の目安:2016年度の場合>>
標準4人世帯で本人が自宅外通学の場合
・給与所得の場合
 871万円
 (源泉徴収票の支払金額・税込)
・その他の場合
 439万円
 (確定申告書等の所得金額・税込)
<<家計の目安:2016年度の場合>>
標準4人世帯で本人が自宅外通学の場合
・給与所得の場合
 1,214万円
 (源泉徴収票の支払金額・税込)
・その他の場合
 782万円
 (確定申告書等の所得金額・税込)
貸与月額 <学部>
・自宅  30,000円、54,000円から選択
・自宅外 30,000円、54,000円、64,000円から選択

<短大>
・自宅  30,000円、53,000円から選択
・自宅外 30,000円、53,000円、60,000円から選択
学部・短大とも30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から選択
貸与期間 採用時より卒業までの最短修業年限
申込説明会 4月
決定時期 6月(予定)
貸与始期 4月 4月〜9月

採用決定

大学から推薦した学生について日本学生支援機構が審査し、その採用の可否を決定します。採用者には保証人への採用通知により、結果をお知らせします。

奨学金の交付方法

奨学金は毎月1回、本人名義の銀行口座へ振り込まれます。

奨学生(連帯保証人及び保証人含む)の身上異動

学籍、身上異動(休学、留学等)及び住所変更が生じる場合は、速やかに所定の手続を行わなければなりません。これを怠ると奨学生としての資格を失うことがあります。

適格認定

奨学生は毎年12月から翌年1月に「奨学金継続願」をインターネットにより日本学生支援機構に提出し、継続の手続を行います。これをもとに学業成績により、継続が妥当かどうかの判断を大学が行います。学業成績が平均水準を下まわる場合、留年が確定した場合、あるいは学生の本分に反する行為があった場合は、「廃止」「停止」「警告」「激励」の措置がとられます。普段から学業成績の向上に努めてください。所定の期限内に「奨学金継続願」の手続きを行わない場合は、理由のいかんを問わず「廃止」となり、奨学金の交付が打ち切られます。

奨学金の返還

奨学金の貸与が終了した奨学生は、卒業6ヵ月後から借用金額に応じて一定の期限内に返還することになります。その返還金が後輩への奨学金として運用されますので、返還の重要性を認識し、責任をもって、確実に返還しなければなりません。

進学届・在学届の提出

進学届 高校時に予約奨学生採用候補者として内定している者は、「奨学生採用候補者決定通知」を学生課の指示にしたがい提出してください。インターネットを利用した「進学届」を提出することにより、大学入学後に奨学生として採用されます。
在学届 高校時に日本学生支援機構の奨学生であった者は、在学届(所定用紙)を学生課窓口へ提出してください。届出ることにより、大学在学中の返還が猶予されます。

学内奨学金等


学業奨励生の表彰式の様子


愛知大学スカラシップ<給付>

目 的 本学の建学の精神を具現すべく、我が国、地域社会の未来を担う将来を地方創生のために切望する若人(2017年3月に日本(海外の在外教育施設を含む)の高等(中等教育)学校卒業見込みの者)が広く高等教育を学ぶ機会を確保し、その才能を十分発揮されるよう修学を奨励することを目的としています。
通知・給付時期 対象者へ合格発表時に通知・給付時期は7月
対象者 [学部]
2017年3月に日本(海外の在外教育施設を含む)の高等(中等教育)学校卒業見込みの者で、前期入試及びセンター試験利用入試(前期)5教科型の成績上位者
採用人数 前期入試 センター試験利用入試
(前期)5教科型
成績上位者最大68名 成績上位者最大40名
金額 授業料及び教育充実費相当額を給付
給付期間 当該年度 2年次以降は入学後の成績により継続給付

愛知大学スカラシップ公務員・教員志願者奨学制度<給付(講座受講料の無料化)>

対象者 愛知大学スカラシップ生の中で、卒業後国家公務員・地方上級公務員、もしくは公立学校教員をめざす学生
金額 対象講座の受講料相当額(現金の給付等はなし・テキスト代は実費)
通知・給付時期 対象者へ合格発表時に通知・対象講座受講時
対象講座 [名古屋キャンパス]2年次「行政書士講座」、3年次「公務員講座(総合コース)」もしくは「教員講座」
[豊橋キャンパス※]2年次「行政書士講座」、3年次「公務員講座(総合コース)」もしくは「教員講座」
※不開講の場合、「宅地建物取引士講座」に変更になることがあります。

学業奨励金<給付>

対象者 [学部・短大:2年次以上]
前年度に修得した科目の単位数及び成績に基づき審査を行い、学業成績が特に優れた学生
採用人数 74名
金 額 授業料年額の1/2相当額
給付期間 当該年度

愛知大学スポーツ奨学金<給付>

対象者 [学部]
最重点クラブでスポーツ特別入試に合格し、本学の選手として活躍が期待される学生
採用人数 A:1学年5名以内
B:1学年5名以内
金 額 A:授業料および教育充実費の年額相当額
B:授業料および教育充実費の半額相当額
給付期間 当該年度 2年次以降は活動状況により継続給付

教育ローン援助奨学金<給付(利子)>

出願時期 5月、10月
対象者 [学部・短大:全年次生]
日本政策金融公庫等金融機関が取り扱う教育ローンを利用して学費等(入学金を含む)を期限内に納入した学生
金 額 教育ローン(借入時上限200万円) の利子の内、 年利率5%(5%に満たない場合は実利率)を給付。
給付期間 毎年1回。教育ローンを利用した年度から最短修業年限までの年数

愛知大学奨学金<貸与(無利息)>

出願時期 4月、9月
対象者 [学部・短大:全年次生]
人物、向学心ともに優れ、経済的理由により学費の納入が困難な学生。ただし、1年次生は秋学期から。
金 額 申請した学期の学費(授業料・教育充実費)相当額
返 還 卒業後10年以内

応急奨学金<給付>

出願時期 出願事由発生後6ヶ月以内
対象者 [学部・短大:全年次生]
主たる家計支持者の死亡、失職等により収入が著しく減少し学業の継続が著しく困難となった学生
※入学前に発生した出願事由は、対象者に含まない
金 額 申請した学期の学費(授業料・教育充実費)相当額

愛知大学外国人留学生入学試験スカラシップ奨学金

出願時期 入学時。入試合格発表時に該当者へ連絡します。
対象者 外国人留学生規程に基づき実施される入試を受験し、入学した者
金 額 入学年度に限り30万円給付

外国留学に関する奨励金(交換留学奨励金・認定留学奨励金)<給付>

対象者 本学と外国の大学との協定に基づき留学する交換留学生(ただし留学先の学費等が全額免除となる場合に限る)及び認定留学生
金 額 <交換留学生>
1学期一律20万円、2学期40万円を上限として給付。
<認定留学生>
1学期一律5万円、2学期10万円を上限として給付。
給付期間 当該年度(在学中1回のみ)

(公財)愛知大学教育研究支援財団「後援会学業奨励金」<給付>

対象者 [学部:2年次以上]
前年度までに修得した科目の単位数及び成績を基準に特に優秀な学生
採用人数 各学部1名
各年次8名
金 額 20万円(年額) *外国人留学生は2分の1
給付期間 当該年度

(公財)愛知大学教育研究支援財団「後援会応急奨学金」<給付>

出願時期 愛知大学応急奨学金給付期間終了後6ヶ月以内
対象者 [学部:全年次生]
主たる家計支持者の死亡・災害によって家計が急変し、本学の応急奨学金申請者が給付期間終了後も、引続き経済的理由により学業の継続が困難と認められる者
金 額 申請した学期の学費(授業料・教育充実費)相当額
返 還 学業を継続する強い意思が認められる時は、給付継続願を申請することができる。(給付期間は最短修業年限とする)

(公財)愛知大学教育研究支援財団「一般奨学金」 <給付・貸与(無利息)>

出願時期 給付・・・7〜9月     貸与・・・随時(12月まで)
対象者 志操堅実、学業優秀、かつ経済的な理由により修学困難等の学生
金 額 給付・・・年額12万円  短期貸与・・・1口 10万円、2口 20万円まで
返 還 短期貸与の場合、返還は原則、貸与を受けた年度末までとし、卒業年次生は、12月末までとする。返還した場合は何回でも申請可。
採用人数 給付:15名以内

愛知大学滬友報恩(大分県)育英奨学金 <貸与及び給付>

対象者 大分県内の高等学校を卒業し、本学へ入学した者のうち原則として1名
金 額 入学金、授業料及び教育充実費の年額相当額を無利子で貸与し、併せて月額5万円を給付
給付期間 入学時から卒業までの最短修業年限
返 還 卒業した年から10年以内に年賦により均等割賦償還

(公財)愛知大学教育研究支援財団「知を愛する奨学金」<給付>

出願時期 一般入試(前期日程)出願前に申請し、一般入試(前期日程)受験前に採用候補者を決定
対象者 [学部]愛知大学に入学を希望する東海4県(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)以外の国内高等(中等教育)学校出身者
採用人数 50名以内(採用候補者数) 5名以内(奨学生数)
金 額 年間50万を給付
給付期間 入学後4年間継続給付

詳しくはこちらを参照ください。

地方公共団体・民間奨学財団の奨学金

地方公共団体(都道府県市区町村)、その他民間奨学財団が募集する奨学金もあります。
なお、地方公共団体の奨学金は、大学への募集依頼があまり多くありません。保証人が居住している都道府県及び市区町村にて直接募集を行うものが多いので、あらかじめ、その地域の教育委員会等関係機関に問い合わせてください。
また、日本学生支援機構奨学金との併給(両方から支給を受けること)が認められない場合も多いので、注意してください。

学生金庫

自宅外生で家からの仕送りが遅れたり、生活費が不足して必要なものの購入や日常生活に支障をきたすような場合に、遠慮なく申し出てください。やむを得ない事由により、期限までに返済できない場合には、それぞれの学生課窓口に必ず申し出て返済期限延長の許可を得てください。

貸付金額(無利息) 1口5,000円 3口まで
事情ある場合は、最高30,000円まで(無利息)
貸付期間 1ヶ月以内
持参する物 学生証・印鑑
その他 学友の連帯保証人 1名(学生証・印鑑持参のこと)