見出し

在校生・修了生からのメッセージ
林 沙織さん
「少人数教育」によるサポートの手厚さで手にした司法試験合格。
未修者コース 2017年3月修了 林 沙織さん

愛知大学法科大学院は少人数教育が徹底しています。
個々の学生が日々の学習でどれだけ伸びているのかを教員が絶えずチェックし、声をかける体制ができています。
修了後も研究生制度を利用して、同じ先生やチューターから引き続き指導を受けることができました。
一人一人に目が届く「面倒見の良さ」に支えられ、司法試験合格を手にすることができました。
原 佑太さん
「面倒見の良さ」に支えられて手にした司法試験合格。
未修者コース 2015年3月修了 原 佑太さん

愛知大学法科大学院で実際に学んで強く印象に残ったのは指導の手厚さでした。
各科目の先生から細かな指導が受けられることはもちろん、学年ごとにチューターの現役弁護士が指導にあたる体制ができています・
終了後も研究生制度を利用して法科大学院に籍を置き、先生やチューターから指導を受けることができます。
愛知大学法科大学院の「面倒見の良さ」に支えられ、司法試験合格を勝ち取ることができました。
宮本 大祐太さん
熱意あふれる指導と充実した環境で法曹への夢を実現。
既修者コース 2007年3月修了 宮本 大祐さん

愛知大学法科大学院を選んだ大きな動機は、入学前に見学した際に見た先生方の熱意あふれる指導でした。
また、成績優秀社には学費年額相当額またはその半額が支給される給付奨学金制度等の充実した奨学金制度や24時間利用できる図書館など学習環境が整備されていることも魅力でした。
法律実務基礎科目はもちろんのこと、それ以外の科目も、弁護士・検察官といった実務家教員と研究者教員が連携して行っている密度の濃い授業が特徴的でした。
検察官や裁判官の法的思考力や事実のとらえ方を身につけられたことが思考の幅を広げるのに大きく役立ちました。
高橋 良太さん
実力を磨く徹底した学びと充実した環境。
未修者コース 2017年3月修了 高橋 良太さん

愛知大学法科大学院の魅力は、法律家として必要な基礎知識を十分に理解し、それを具体的事案の解決に用いる能力を修得できる環境だと思います。1〜2年次は基礎的な知識を修得する講義科目が、2〜3年次はこれらの知識をどのように用いるかを学ぶ演習科目がメインとなっており、法律家にとって必要な知識や能力が、段階的・計画的・道理的に学べるカリキュラムになっています。また、少人数制で学ぶ環境では、先生方と学生、学生同士の距離が近く、和気あいあいとした雰囲気の中で助言をいただいたり、自主ゼミを開催したりしました。学生のみならず、先生方も一丸となって学び合ったおかげで、司法試験合格へ導いていると実感します。さらに、図書館内の自習室には、学生一人ひとりにキャレルが割り当てられ、時間を問わず自由に勉強できたのも大変助かりました。こうした真の法律家を育てる徹底した学びと充実した学びの環境は、司法試験の合格率の高さにも表れていると思います。