見出し

法学部法科大学院連携コース(法曹コース)
法学部とのより密接な連携を目指して
 ―愛知大学法学部法科大学院連携コース(法曹コース)

法学部法科大学院連携コースについて

 愛知大学は法学部と法科大学院とのより密接な連携を目指し、法学部に「法科大学院連携コース」を設置することとし、2021年春、文部科学省から認可を受けました。
 この「法科大学院連携コース」は一般的に「法曹コース」と呼ばれるもので、これまで法曹資格を得るために学部4年、法科大学院2~3年、合計6~7年必要とされた時間的負担を、最短で学部3年、法科大学院で2年の合計5年に短縮するものです。
 愛知大学法学部法科大学院連携コースでは、法学部の2年次から法科大学院の授業を直接受講し、法曹として求められるリーガルマインドと知識を養成していきます。
 2022年4月より正式に始動する予定です。
 関連する情報はこのページで公開いたします。

問い合わせ先
愛知大学名古屋教務課法学部担当 Tel 052-564-6112

法学部と法科大学院との連携協定について

法科大学院と法学部が取り交わした協定書はこちらからご覧いただけます。
(愛知大学大学院法務研究科と愛知大学法学部との法曹養成連携に関する協定)

公表事項

・愛知大学法学部法学科法科大学院連携コース在籍者数
 2022年5月1日現在、4名が在籍しています。
・愛知大学法学部法学科法科大学院連携コースから愛知大学法務研究科法務専攻に入学した学生数
 (2024年 4月以降、公表します)
・愛知大学法学部法学科法科大学院連携コースから愛知大学法務研究科法務専攻に入学たものの内、司法試験を受験し合格したものの占める割合
 (2026年以降公表します)
・教育課程並びに当該教育課程を履修する上で求められる学識及び能力
 連携協定書<別紙1>乙の連携コースの教育課程 をご参照ください。
・成績評価の基準及び実施状況
 成績評価につきましては、連携協定書<別紙2>乙の連携コースにおける成績評価の基準 をご参照ください。