教員メッセージ

切磋琢磨して学び合う環境で、
あらゆる事案に応える法律家を育てます。

教授

久須本 かおり

1993年: 名古屋大学法学部卒業
1998年: 名古屋大学大学院法学
研究科修了

この法科大学院の魅力は、議論を通じ学ぶことの楽しさや喜びを日々実感できるところ。学生同士の議論はもちろん、研究者教員と実務家教員とが互いの知識・経験に基づいて議論を戦わせるなど知的好奇心を刺激する議論に溢れています。授業の時間以外でもチューター授業や自主ゼミ、昼食の時間まで学年を超えて法律の議論が花咲いています。このように他者との議論を通じて知識を深化させ、自分の腹に落とし込むという学習方法が自然と身につく環境があります。議論の輪が生み出す教員・チューター・院生の縦横のつながりが、高い合格率の秘訣である「団体戦」というキーワードにつながっているのだと思います。

弁護士 教授

石井 三一

1979年: 中央大学法学部卒業
司法修習第39期
1993年: 石井法律事務所開所

弁護士として、倒産事件の処理を主な業務とする私は、関係者の利害調整をしながら、債務者の財産・収益の最大価値を実現していくことに使命感ややりがいを感じています。こうした仕事では、基本六法以外のあらゆる法律知識はもちろん、簿記会計など法律外の知識も必要です。そこで、私の授業では、理論と実務を架橋した教育をモットーとした愛知大学法科大学院の教育理念に基づき、実務とその理論的基礎の理解を重視。さまざまな法律事務について、自己の関わり方を選択し実践できる弁護士の養成をめざしています。

検察官 教授

堀 貴博

1996年: 近畿大学法学部卒業
司法修習第56期
2003年: 検察官任官

検事は、刑事司法の一翼を担う者として、刑事事件の捜査、公判活動などを行うことが主な仕事です。仕事柄、被害者や遺族、被疑者・被告人など様々な人と出会いますが、その多くは苦しみを抱えた人たちです。検事の仕事をしていると、性犯罪の被害者や犯罪により家族を失った遺族の苦しみというのは一生消えることはないのだと実感します。時として、そのような被害者や遺族の方からお礼の言葉を言われることがありますが、その時は本当に嬉しく思いますし、その苦しみを少しは軽減できたのかと思うと、自分自身が救われた気持ちになります。また、苦しみを抱えているのは、被疑者・被告人も例外ではありません。例えば、元来、犯罪と無縁であった者が、不運なことが重なり、悩み、苦しみ、そして殺人を犯してしまったという事件がありました。もちろん、いかなる理由があれ、殺人が許されるわけではありませんが、そのような被疑者・被告人の苦しみを理解しようとせずに事案の真相に辿り着くことはできません。
検事に限らず法曹は、様々な苦しみを抱えた人たちを相手にする仕事です。他人の苦しみが理解できるという人、他人の苦しみを理解できる自信はないが理解したいと思っているという謙虚な人は、信頼される法曹としての素質があると思います。信頼される法曹をめざそうとする皆さんと、愛知大学法科大学院で出会えることを楽しみにしています。