さくら21

日本を理解し発信する力を育成「さくら21プロジェクト」

日本を理解し発信する力を育成

従来、グローバル人材育成においては、語学を中心としたコミュニケーション力が強調される傾向がありました。グローバル化した社会では、異なる価値観文化的背景をもつ人々との交流がますます盛んになります。そこでは、互いの理解を深めることはもちろんのこと、自らを理解しそれを外にむけて発信する力も必要とされます。日本に関する知識を備え、それを伝えるー「日本理解」「日本発信」ーに関する取組を、愛知大学では「さくら21プロジェクト」と称し、実施しています。

愛知大学のみなさんが履修・受講する共通教育科目や専門教育科目には「さくら21科目」として配置されている科目があります。政治・経済・歴史など、日本に関する幅広い基本的知識を身につけるとともに日本文化社会を理解するための科目を体系的に学びます。「さくら21プロジェクト」は、その知識を発揮する実践の場として、さまざまな活動に取り組んでおり、グループワーク等を通じて当該知識をいかに発信するかを主体的に考え実践する、アクティブ・ラーニングを進めています。

みなさんの「さくら21プロジェクト」への参加をお待ちしております!

さくら21科目とCertificate等

日本の文化や政治、経済、社会、歴史など基本的知識を身につけるための科目群

さくら21リソースルーム

日本を理解・発信するための参考資料となる図書・雑誌・DVDを揃えています

さくら21活動アーカイブ

正課・正課外で行っているさまざまな活動の記録

「さくら21プロジェクト」活動紹介

海外の学生とのオンライン交流

海外協定校のうち、9つの国・地域の大学と実施中です。
Microsoft Teamsなどを活用してお互いの文化などを紹介します。