文字サイズ

News & Topics

マレーシアのマラヤ大学と新規大学間協定を締結しました

本学ではマレーシアにあるマラヤ大学(UNIVERSITI MALAYA)と新規大学間協定を締結することで合意し、この度協定書への署名が完了しました。

同大学は1905年創立のマレーシアで最も長い歴史を持つ国立大学で、首都クアラルンプールに約3㎢の広大なキャンパスをもち、総学生数28,000名以上、世界80か国、600校を超える協定校などから4,000名近い留学生を受け入れています。

40万人を超える卒業生からは、同国歴代首相や副首相を始め各界で活躍する数多くのリーダーを輩出しており、また、研究面でも特に評価が高く、2021年度QS世界大学ランキングで59位、同アジア大学ランキングでは9位になるなど、名実ともにマレーシアを代表する大学です。

本学ではタイ、ベトナム、インドネシアの東南アジア各国に協定校がありますが、同校はマレーシアにおける最初の大学間協定校となり、今後英語で学ぶ交換留学での学生派遣、協定留学生日本語コースへの学生受入を始め、研究面や教職員間の交流など、幅広い分野での交流が実現することが期待されます。

↓マラヤ大学(画像をクリック/タップするとマラヤ大学HPに遷移します)
マラヤ大学


【参考】
マラヤ大学公式HP
https://www.um.edu.my/