HOME > 国際交流 > 留学体験談(長期留学)

長期留学制度

海外提携校との交流協定による「交換留学制度」と、自ら留学する大学を探す「認定留学制度」があります。
どちらも、1セメスター(半年)または1年間の留学が可能です。

認定留学

【イギリス】クイーンズ大学BISC

さまざまな分野で
イギリスを体感しながら学び、
高度な英語リテラシーを身につける。

クイーンズ大学BISCは広大な敷地に配置された伝統的な建物が特徴的で、豊かな自然に恵まれていました。授業は木曜日までの通常授業と、金曜日からの“Experimental Learning”と呼ばれるフィールドワークに分かれています。興味や関心に合わせてカリキュラムが選択でき、私は“Music”“Art”“British Studies”“Journalism”“Film”を選びました。中でもBritish Studiesは、毎週異なるテーマでイギリスの文化や歴史的背景などを学ぶ興味深い授業でした。難易度の高い授業で、予習のためにかなりの資料を読む必要があり、さらにグループでのプレゼンテーションも行います。私たちのグループは“Englishness in James Bond”をテーマに、1作目の映画から最新作までを分担して調査・研究し、作品に投影されるイギリスらしさについて発表しました。たとえばジェームスボンドを演じてきた俳優は、誰もが長身でブロンドの髪と青い瞳を持っており、作中に必ず登場するボンドガールやボンドカーなどはイギリスを特徴的に表現するための要素として扱われています。研究の過程では、イギリスが世界から持たれている固定観念もひも解くことができました。また、授業で得た知識はExperimental Learningでより多面的に学ぶことができます。Musicの授業で黒人差別があった時代の音楽について学んだ後、ロンドンでミュージカル「メンフィス」を鑑賞し、さまざまな視点を養うことができました。イギリスの文化理解とともに、リーディング力を大きく伸ばせた留学は、私にとって貴重な体験となりました。


【カナダ】クイーンズ大学QSoE

異文化に触れ、人として成長できた3カ月。
養った主体性を糧に、さらに世界を体感したい。

留学先では英語だけでなく、多様な人々と交流して語学以外の何かを手に入れたいと考えていた私は、留学生向けのイベントにはすべて参加し、現地で知り合った台湾の友人とニューヨークへ旅行するなど、積極的に異文化との交流に努めました。ホストファミリーと過ごす中では、家族の大切さにも気づかされました。帰国後は家族との会話も増え、家族や友人からは「変わった」とよく言われます。自分自身、大きく成長できたと胸を張れる経験でした。先の友人を訪ねて、近々台湾へ行く予定です。もっと多くの国を体感したい、そう思える留学となりました。


【カナダ】クイーンズ大学QSoE

自然と英語の感覚が身につく授業で、
TOEICスコア200点以上アップを達成。

授業はすべて英語で行われ、英文法も英語で学びました。これが日本語で英文法を学ぶよりもわかりやすく、自然と英語の感覚が身についたと感じています。留学生たちは誰もが勉強熱心で、他の日本人留学生とも常に英語で話して互いに切磋琢磨しました。ホームステイ先のホストマザーは造園業を営んでおり、土運びを手伝いながらカナダの気候に合った植樹について教えてもらったのもよい思い出です。1セメスターの留学を経て受験したTOEICでは、リスニングがほぼ満点、トータルで200点以上アップし留学の成果を実感しています。


【イギリス】ニューカッスル大学

イギリス人や留学生に学んだ英語の多様性。
自分の英語に自信を持って話せるように。

1セメスター認定留学に参加し、イギリス北部の大学で世界各国の留学生とともに英語を学びました。最初は英語がスムーズに出てこないことに悩みましたが、シンガポールや中国、サウジアラビアなどの学生は、その国独特の発音や文法で英語を積極的に話しています。また、イギリスでも地域によって英語のアクセントや発音が異なっていました。「それぞれの英語が個性であり魅力」とイギリス人の友人に教えられ、自信を持って英語を話す度胸がつきました。帰国後も英語力の維持に努め、TOEICやIELTSのスコアアップをめざします。


【アメリカ】サウスイーストミズーリ州立大学

身につけたスピーキングスキルを活かし、
サミットで外国語ボランティアに。

大学では英語に力を入れて学びたいと考えていたため、留学制度の充実している愛知大学へ。認定留学ではスピーキングスキル向上が目標でした。グループワークやプレゼンテーションを行う「Listening & Speaking」の授業では、「リーダーシップのある著名人」というテーマでソフトバンク孫社長について発表。目標としていた話す力に加え、文法も基礎から学び直すことで、語学力が大きく伸長しました。私の地元で開催される伊勢志摩サミットでは、外国語案内ボランティアに参加する予定です。学んだ英語を駆使し、ビジネスレベルまで英語力を高めるのが目標です。


交換留学

【フランス】オルレアン大学

寮のキッチンをきっかけに
広がった友人のネットワーク。
行動する勇気を手に。

「通じない!」―それが、フランスに着いた私の実感でした。愛知大学では1年次からフランス語学習に力を入れ、オルレアン大学交換留学の要件を上回るDELF※A2を取得しましたが、現地に来てみると、知っている単語の数がまったく足りないことを痛感。話し合える友人もできずにいた私の留学生活が好転したのは、寮のキッチンでした。入居した寮は共同キッチンで、私が調理をしているとフランス人学生や他国の留学生が関心を示し、「何を作っているの?」と話しかけてくれたのです。以来、日本料理やフランス料理を寮生たちと作って楽しんだり、学生の実家に招かれたりして、友人の輪が広がっていきました。それと同時に、留学当初はついていくだけで必死だったフランス語の授業にも、少しずつリラックスして参加できるようになっていきました。授業は大学付属のフランス語学校で受講。発音・文法からコミュニケーションやライティング、検定対策、フランスの地理や歴史まで、幅広い内容を学ぶことができました。クラスには学習意欲の高い学生が世界中から集まっており、競い合うように自分の考えを発言します。この環境の中で私も、間違いを恐れず積極的に発言できるようになっていきました。また現地で築いたネットワークを通じて、フランス人のための日本語教室で日本語を教えるボランティアの機会にも恵まれました。1年間の留学で私が得たものは、語学力とたくさんの友人、そして行動する勇気でした。
※DELF・DALF とは、フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格で、入門DELF A1から熟練DALF C2の6段階に区分されている。


【ドイツ】ブレーメン経済工科大学

ドイツ人との交流を通して深まった
食文化への関心をゼミの研究テーマに。

留学先の大学では、日本に関心があるドイツ人学生と互いに母国語を教え合うタンデムという制度があり、現地の学生と親しくなる格好の機会となりました。半年間の留学期間中、彼らと街の散策や大学の食堂での会話を楽しんだことが、リスニング力の向上につながったと思います。また滞在した部屋の大家さんは何かと私を気に掛けてくれ、ドイツの食文化に関心がある私にケーキ作りを提案、一緒にリンゴのドイツ菓子を作ったことが楽しい思い出となりました。ゼミでは留学の経験を活かし、ドイツビールの地域性について研究する予定です。


【中国】北京語言大学

留学で身につけた中国語と
広い視野をビジネスに活かす。

大学時代に英語以外の言語を極めたいと考え、1年間の中国留学を決めました。現地で多くの人と話すうちに、自分の言いたいことを中国語で伝えられるようになり、目標としていたスピーキング力を養うことができました。留学先では授業で習うことのないような言葉や流行語、単語の微妙なニュアンスの違いなどを学べたほか、世界各地からの留学生との交流によって多様な価値観や考え方の違いを知り、視野を広げることもできました。就職は中国に拠点を持つメーカーに決まりました。留学で培った語学力を存分に活かしたいと考えています。


【中国】上海外国語大学

現地で高度な語学を修得し、
日本と中国の懸け橋となる警察官へ。

高校時代から中国語試験区分での警察官をめざしており、大学で中国語をマスターしたいと考え現代中国学部を選びました。2年次の現地プログラムを経て、さらに高度な中国語を学ぶために1年間の交換留学を決意。中でも「精読」の授業では、正確な中国語を話す上で重要な文法をしっかりと学べ、語学力が伸びたとともにHSK6級も取得できました。また世界中から留学生が集まっていたのも外国語大学ならでは。アジア諸国だけでなく欧米各国の学生と交流でき、多文化への理解も深まりました。卒業後は日本と中国の懸け橋となれる警察官をめざします。


【アメリカ】ハワイ大学マノア校

第二言語教授法を学んで授業を実践。
知識と技術、大きな自信を手に入れた。

英語が好きで英語教員をめざしていた私は、第二言語教授法(ESL)に力を入れるハワイ大学マノア校で学びました。週2回のESLの科目では、事前に30ページもの英文テキストを読むことが条件でした。学生が他の学生に教える教育スタイルのため、テキストを事前に熟知している必要があるのです。この科目の最後には、同校で日本語を学ぶ学生たちのクラスで90分の授業を実践。ペアになって日本語で会話する授業を行いました。先生からは「君は教員に向いているね」と言われ感激。知識や技術とともに、大きな自信を手に入れることができました。