HOME > 国際交流・国際教育 > 国際経験

国際交流課


名古屋キャンパス キャンパスモールで語らう留学生
国際交流課は名古屋キャンパスと豊橋キャンパスにあり、各キャンパスの特徴に応じた国際交流をサポートしています。その業務は、留学プログラムの企画推進、留学を希望する学生への情報提供や相談・指導、外国人留学生の受け入れ、海外協定校とのネットワーク構築など多岐にわたり、学生の国際的な経験を促進するために欠かせない存在となっています。留学希望者にはTOEFL®テストを実施するなどきめ細かく支援をし、さらには「グローバルラウンジ」をはじめ、学内における国際経験の場も提供しています。

グローバルラウンジ Global Lounge

名古屋キャンパス 厚生棟5階にある、学生の外国語能力の向上、学生間や学生・教員間の異文化交流・理解促進、外国語による発信力やプレゼンテーション能力の養成を目的としたスペースです。外国語の学習や海外留学情報の収集ができるほか、各種の交流イベントを行います。

グローバルカフェ Global Cafe

名古屋キャンパス 厚生棟5階にあります。 学生や教員との交流のほか、飲み物を手に海外放送を視聴することができます。

ランゲージセンター Language Center

豊橋キャンパス3号館1階の語学教育研究室内にあります。
本学で開講している英語、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、そして日本語(外国人留学生用)をはじめ世界約35カ国の豊富な資料を取り扱っており、これらの資料を使用して自主学習スペース(LLメディアルーム)の好きなブースで自由に視聴ができます。講義のない時であれば、LLシアタールームで臨場感たっぷりの映像鑑賞も可能です。
なお、LLメディアルームの利用には手続きが必要となります。

外国人留学生

【フランス出身】パリ・ディドロ(第7)大学から愛知大学に交換留学中

“ウチ”と“ソト”を学び、
日本人特有の意識を知る。

日本のロボット工学や、『平家物語』『枕草子』などの文学に関心があり、パリ・ディドロ大学で学んでいる日本語をさらに深めるために留学しました。愛知大学での授業はどれも興味深く、中でも「日本文化」の授業で“ウチ”と“ソト”について学んだことは、日本人特有の意識を知る上で非常に勉強になりました。授業の合間にはフランス語を学ぶ日本人学生の手助けをしたり、友人たちと趣味のチェスを楽しむなど充実した日々を過ごしています。名古屋は交通の便がよく、都会と豊かな自然の両方を味わえる点が魅力です。日本語をさらに磨き、将来は日本で科学分野の仕事に就くことが目標です。


【アメリカ出身】トリード大学から交換留学中

International Cafeを通じて
多くの日本人学生と友達に。

トリード大学で副専攻として日本語を学び、授業で茶道や書道を体験したことから日本文化に興味を持ちました。愛知大学では、歌舞伎の鑑賞や茶会体験など日本文化を実践的に学ぶ機会が多く、とくに常滑でのろくろを使った陶器づくりは楽しい思い出となっています。International Cafeを通じて多くの日本人学生と知り合うことができ、ランチを一緒に食べたり交流を深める中で日本語も上達しました。日本食にも慣れ、キャンパスレストランのカツカレーとうどんがお気に入りです。クラブ活動に興味があるので、今後はバレーボールのサークルに参加するなど、日本人学生と親しくなる機会をもっと増やしていきたいと思います。