国際コミュニケーション研究科

言語コミュニケーション・国際関係・多文化間比較の三領域から世界を研究

研究科の沿革・概要

国際コミュニケーション研究科は大学院レベルでの国際コミュニケーションに関わる研究教育を行うことを目的として2002年に設置されました。
世界的規模でこれまでとは異なった国際化が進む中、学部教育に接続して、あるいは既に社会で一定の活動を経た後に、多くの方々に国際社会と地域の発展をめざして、本研究科で勉学に取り組んでください。

3ポリシーの紹介

アドミッション・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

研究科長挨拶

国際コミュニケーション研究科長 岩田晋典教授
国際コミュニケーション研究科の目的にあるように、本研究科では「グローバル」と「ローカル」という対概念が一つのキーワードになります。みなさんはこの対概念をどのように定義づけますか?それを使ってどのように自分の研究を表現しますか?
大学院では先行研究の森を歩き回って、オリジナルな観点や考え方を自分自身で作り出すことになります。わたしたち研究者はみなさんの研究から知的刺激を受けることを楽しみにしています。

研究科の特色

国際コミュニケーションに関する学問領域は広範囲にわたりますが、次の三つの領域のいずれかを主要に研究することになります。同時に、これら3領域を組み合わせた教育プログラムによって国際性における幅と奥行きの実現を図ります。

専攻紹介

言語コミュニケーション研究領域
国際的なコミュニケーション媒体としての英語に関する専門的知識と運用能力に力点を置く《英語部門》と、日本語教育者をめざす人のための《日本語部門》から構成されています。
国際関係研究領域
グローバルスタディーズ諸領域の知識に重点をおいて社会科学的思考・メソッドの開発修得をめざします。
多文化間比較研究領域
文化人類学・フォークロア及びフィールドワークの構想力と思考方法に基づいて多種多様な文化を理解する柔軟な姿勢を養います。
フィールドワーク
授業科目のフィールドワークでは、計画書の作成から国内外のフィールド・ワークを通して、研究者として必要な文献研究・調査活動をする能力を養い、毎年中国や東南アジアなど海外を中心にフィールド・ワークを実施しています。実施報告書の審査を行い奨学金も支給しています。
※修士課程のみを設置

構成員紹介

※項目の詳細は愛知大学公式ウェブサイトへリンクしています

開講科目紹介

言語コミュニケーション研究領域
英語学研究II 塚本倫久教授

本講義では、コーパス(コンピュータに蓄積された自然言語データ)を用いた言語研究の基礎を学びます。コーパス言語学と言われるこの分野は辞書編纂、英語教育、語法研究などの分野で特に成果を上げてきています。授業ではcollocation, phraseologyを中心に英語教育への応用、さらに学習者コーパスを利用した研究についても考察します。

国際関係研究領域
国際関係研究Ⅰab 鈴木規夫教授

本来はコミュニケーション研究と多文化間研究との相補的関係に新領域を切り拓く国際関係研究領域では、グローバル・スタディーズの知識に重点をおきつつ世界規範構築に動く中国的価値体系をも包摂した社会科学的思考・メソッドの開発修得をめざします。

多文化間比較研究領域
多文化間比較研究 高原隆教授

本講義では、伝統的なアメリカのフォークロア研究のフィールドについて検討を加えていき,実際にどのようなジャンルがフォークロアに存在しているのかを具体的に概観していきます。それと並行しながら,フォークロアを担うフォーク・グループについての関係を考察します。

在学生の声

国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻2年 K.Kさん
日本語音声学、日本語教育学をご専門とする高村めぐみ先生のご指導のもと、「ロシア語母語話者の日本語の長音の発音特徴」をテーマに研究を行っています。
本研究科では、言語学や日本語教育学に関わる知識を習得すること、授業を行うための実践的な技能を身につけることができます。また、専攻以外の領域の講義を受講することで、学際的な視野を持つことの重要さを学ぶことができます。講義では、レジュメを作成し、授業内で発表、議論を行います。演習では、主に修士論文執筆に向けた指導を受けます。先生方がとても親切にご指導くださり、講義・演習の受講者が少人数であるため、手厚い指導を受けることができるところが本研究科の魅力だと感じています。

卒業生の声

国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻 2020年3月修了 R.Sさん
勤務先:医薬品メーカー
留学生として、異文化研究に深い興味を持つため、愛知大学大学院国際コミュニケーション研究科に進学しました。大学院で学んだ異文化知識と批判的思考は、私に独立な考え方、問題の対処する能力を与えてくれます。これはグローバル化社会に生きる私たちにとって重要な役割を果たしてきました。

就職実績

新城市役所、ナミコス㈱、光山石材商事、大学院博士後期課程進学
※過去3年分