AERS
公益財団法人愛知大学 教育研究支援財団

ごあいさつ

公益財団法人 愛知大学教育研究支援財団理事長 加藤満憲
愛知大学は昭和21年11月の敗戦まで中国上海にあった東亜同文書院大学などを継承し、豊橋の地に創設されました。戦後の荒廃した状況を想像するに、まさに0からのスタートであったろうと思われます。
しかし、そのような困難な時代にも関わらず、創設者である本間喜一先生(第二・四代学長)は、「本学をして永遠に知を愛する者たちの殿堂たらしめよ」という崇高な理念のもと、ひたすら大学発展のために力を尽くされました。
愛知大学の前身である東亜同文書院大学は「国際人の育成」が目的でありましたが、本間先生をはじめとする先生方、先輩方のおかげで、愛知大学もまた「国際的教養と視野を持った人材の育成」、「世界平和と文化への貢献」を建学の精神として受け継いでおり、現在も国際社会や地域社会で活躍する多くの人材を輩出しております。これらを側面的に支援してゆくのが、公益財団法人「愛知大学教育研究支援財団」の目的です。
本財団は学術研究・教育助成、奨学金支援、キャリア支援に留まらず、変革の激しい時代において必要とされる「積極的にチャレンジする国際感覚をもった有能な人材」、また、昨今の地方分権改革に伴い、「地域社会に大いに貢献できる優秀な人材」の育成を支援して参ります。
つきましては、何卒、本財団の運営趣旨をご賢察の上、ご賛同いただき、
賛助会員(法人・個人)として本財団の活動にご協力を賜りますよう、
宜しくお願い申し上げます。
学校法人愛知大学 理事長 愛知大学学長 川井伸一
中部私大のブランド大学に向けて
愛知大学は、「第四次基本構想」(2016~2020年度)において、10年後の大学像として、①中部私大のリーダーとしてのブランド大学、②世界の平和と文化に貢献する人材、グローバル人材、地域に貢献する人材を育成する大学、③複眼的視野から論理的な考える力、伝える力、知的意欲を基本にした学力および、社会の変化に適応できる能力を育成する大学、④先端的な研究を含めた研究の充実した大学、⑤多様な学生が共に学び、社会のさまざまな人々が交流し、成長できる場を提供できる大学、を設定しました。そしてその目標の実現に向けて、5年間の活動方針を示しました。本学はこの方針に沿って、教学環境の拡充と教育研究内容の充実、質の向上に積極的に取り組む予定です。
企業・団体・個人の皆さまには、本学のブランド大学に向けた取り組みにご賛同いただき、公益財団法人愛知大学教育研究支援財団の活動にご支援を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。