経済学研究科

転換期にある日本および世界経済の課題を様々な視点から考察する専門知識人を育成

研究科の沿革・概要

経済学研究科には、経済学専攻の修士課程および博士後期課程が置かれています。修士課程は、経済分析コース、世界経済コース、政策・地域コースの3つのコース制をとり、それぞれ特色ある科目や演習を配置して、大学院生の多様なニーズに応えています。
修士課程は1953年に、博士後期課程は1978年に設置され、修士課程の修了者は600名を超え、博士後期課程の修了者(単位取得者)は16名に達し、国の内外で活躍しています。特に、税理士・会計士は180名を超えています。

研究科の特色

今日、我々は経済の大きな転換点に立ち会っているといえます。成長主導や効率追求型の経済が限界にぶつかり、環境・資源の制約、貧困・社会的不平等の改善、民主主義・人権保障の確保など様々な課題を抱えており、持続可能な社会への構造的な転換が求められています。複雑で不確実な様相を呈する転換期の経済を理解するためには、経済現象の本質を的確に捉え、それらを分析し問題解決の方法を導く知識と技能を錬磨することが不可欠です。
本研究科では、多分野にわたる経済学研究者が所属しており、授業・演習および指導を通して高度な専門知識人の養成に取り組んでいます。

専攻紹介

経済学専攻

本研究科経済学専攻は3つのコース制をとっています。

「経済分析コース」は、経済理論と経済データ分析に関する知識や方法論を取得することにより、経済動態への分析能力を向上し、官庁や民間の研究機関・シンクタンクなどで活躍できる人材の育成をめざしています。

「政策・地域コース」は、財政政策をはじめ社会諸制度への体系的研究を通して、地域・社会の様々な課題を解決できる能力を培い、官庁や民間の研究機関、地域コミュニティに貢献できる人材の育成をめざしています。

「世界経済コース」は、国際経済に関する理論と歴史の理解をふまえ、日本を取り巻く各国の経済動向と実態の分析を通して、国内の研究機関や国際機関またはNGOなどで活動するリーダーの養成をめざしています。
学際的な融合型科目の開設

予期せぬ経済実態に立ち向かう新しい時代の到来に備えています。①ものづくり関連の科目群を用意し学びの場を拡充しています。 ②政治学、社会学、歴史、科学の4分野と結ぶ付けた学びを試みます。③将来は、地域や海外のフィールドスタディを通して実学研究のノウハウを身につける方向性を打ち出していきます。

在学生の声

経済学研究科 K.Y さん

私がこの研究科に進学した理由は、経済学研究科の先輩にこの研究科であれば丁寧に指導していただけるとうかがったからです。
私は、税理士を目指しているので、その仕事においては、租税法を運用していくとともに、租税法という制度設計の目的を把握する必要があると思います。経済学研究科では、その制度設計の根幹となる財政学の考え方、制度設計の根拠となる経済指標の読み取り方等、さまざまな角度から物事を捉えていく訓練をしています。例えば、経済指標の読み取り方は、統計学をもとにしていますが、統計学の知識が不足していても、丁寧に指導していただいているので、理解が進んでいます。
大学院への進学は、目的意識が大事だと思います。目的をもって勉強をすることで、実りのある大学院生活を送ることが可能だと思います。