AERS
公益財団法人愛知大学 教育研究支援財団

事業内容

奨学金事業

(目的)

愛知大学に在籍又はこれから在籍しようとする高校生等で経済的な理由などにより修学困難な学生等に対して学資を支援することを通して、愛知大学における教育活動の充実及び学術の振興に有為な人材を育成し、もって教育、学術、文化の振興を図る。

(奨学金の種類)

給付奨学金、貸与奨学金、法科大学院特別奨学金、知を愛する奨学金、学業奨励金、応急奨学金、私費外国人留学生給付奨学金、など

教育・学術研究活動助成事業

(目的)

愛知大学又は愛知大学専任教員並びに学生(愛知大学を卒業した者を含む)が実施する学術研究事業及び教育研究事業を始め、愛知大学における学術研究の充実を図るために行う教育研究施設等の整備に対して助成金を交付することにより、愛知大学における学術研究活動の充実並びに学術の発展及び社会に貢献する人材を育成することを通して教育、学術、文化の振興を図る。

(助成内容)

(1)応募型助成金

①学術研究助成
愛知大学の専任教員等が行うこととしている学術研究のために必要な経費又は、海外において行う研究活動(調査、研究、資料収集等)に対し旅費を助成する。

②学術講演会助成(知のミーティング助成)

近隣の市町村と連携した講座や学内の研究所、学会等が行う分野の公開講座や研究会など一般県民等を対象とした講演会に対して、その開催に必要な経費を助成する。

③海外研究実習助成
愛知大学の学生が研究の一環として海外で行うフィールドワーク等に対して助成する。
  ○学生自身が海外を訪れ、社会の実情を多面的に研究する『海外フィールドワーク』
  ○海外の日系企業を訪れ、企業研修に従事する『海外インターンシップ』 など

④学生教育活動助成
各種の研究会や大会へ参加する愛知大学の学生又は卒業生に対し、参加に必要となる経費の助成することを通して教育、学術、文化を振興し、有為な人材の育成を図る。また、顕著な活躍をした場合にはその栄誉を称え、一層の励みとするため顕彰を行う。

(2)推薦型助成金

①緑の協力隊助成
緑の協力隊「ポプラの森」の派遣事業に対して、参加学生への支援など必要な経費を助成する。

②キャリア教育事業助成
「国際的教養と視野を持つ優れた人材の育成と地域社会への貢献」を目指し、愛知大学が実施する就職支援プログラムに基づき実施される企業セミナーやボランティア活動などの事業へ助成する。

③教育研究施設及び設備助成
大学の研究施設の更新等学術研究の発展向上に必要となる設備等に対して助成する。

(3)教育研究施設積立金(特定費用準備金)

(1)応募
【内容】愛知大学では、教育研究施設として愛知大学内に美術関連施設の建設を構想しており、当財団としては愛知大学から提示される施設設備事業計画の策定を待って、必要な資金のうち4千万円を上限に負担するものとする。

【目標時期】2018年度

【目標額】40,000,000円

【積立限度額の算定方法】愛知大学が構想する総事業費は、施設設備資金に8千万円を予定している。当財団としては、この施設設備資金の50%(建設後、施設を当財団事業に優先的に使用するために必要な割合)を負担するものとし、4千万円の支援を行う。