愛知大学キャンパス

会長あいさつ

 平成28年6月5日の愛知大学同窓会代議員会におきまして再選され、大変光栄であると共に責任の重さを強く感じております。母校ならびに同窓会の発展のため今一度、気力・体力・知力をふるい立たせ下記の課題に取り組みたいと考えております。
  1. 第3次グランドデザイン(将来計画)の策定。
    第2次グランドデザインにより大学、同窓会、後援会の三位一体の構想が実現し成果となりました。引続き川井学長による愛知大学第4次基本構想の推進に歩調を合わせ事業を進めて参ります。
  2. 平成29年11月に豊橋校舎にて開催する同窓会創立65周年全国大会に向けて準備し、これを成功させる。
  3. 愛知大学新学部構想、とりわけ豊橋校舎における農学系学部の設置を働きかける。
    少子化の影響による18歳人口が減少するなかでも繁栄できることを提案します。
  4. 愛知大学と三位一体による校友センター事業、公益財団法人愛知大学教育研究支援財団との連携による助成事業の推進と充実をはかる。
  5. 同窓会支部ならびに部会活動の活性化を図る。会員相互の親睦、情報交換を積極的に推進する。ネットワークを通じて組織の拡大と活性化を目指す。
  6. 愛知大学創立70周年記念募金への積極的な働きかけと協力。
    多くの同窓生にご協力をいただき感謝しております。支部、部会を通じて引き続き呼びかけを行い大学記念事業のため有効に活用していただくよう働きかけます。
 以上のように同窓会活動では多くの課題がありますが会員皆様方、役員の方々のご支援、ご協力をいただき進めてまいりたいと思っておりますのでよろしくお願い申し上げます。

第16代会長 土井 義昭

愛知大学同窓会
第16代会長
土井 義昭