お知らせ

第22回 ビジネスセミナー「なぜ日本流マネジメントは中国・アジアで通用しないのか~ステージの上がる競争環境で淘汰されないために~」

イベント
国際ビジネスセンター主催 第22回 ビジネスセミナー
『なぜ日本流マネジメントが中国・アジアで通用しないのか 
  ~ステージの上がる競争環境で淘汰されないために~』

 当センターでは、小島(天津)企業管理諮詢有限公司・総経理の小島庄司氏を中国よりお招きして、中国市場における日本企業は今後どう変革すべきかなど、実情や課題をご解説いただきます。
 講演終了後は、講師を囲んでの交流会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

セミナー概要
 日本では、米中貿易紛争の影響を受け、米中関係の先行きや中国経済の行方に関心が集まっているが、中国では静かに日本企業の地盤沈下が進み、これまでの日本流マネジメントが行き詰まりを迎えつつある。本セミナーでは、現地の人材が日本企業をどう見ているのか、なぜ日本流では通用しないのか、ではどう変革していけばいいのか、実情を紹介しながら考察する。また、これは日本で海外人材に活躍してもらうための課題でもあり、新在留資格の「特定技能」で外国人材の高度活用が注目を集める現在、受け入れる企業側にどのような姿勢・環境づくりが必要か考える契機にもしていただきたい。

【日時】2019年9月26日(木) 14:00~16:00 [受付:13:30]
14:00~14:10 開会挨拶
14:10~15:40 講演  講師:小島 庄司 氏
15:40~16:00 質疑応答
16:00~17:00 交流会(講義棟L406教室)

【場所】愛知大学 名古屋キャンパス 講義棟L405教室   名古屋校舎アクセス

【主催】愛知大学国際ビジネスセンター

【後援】
(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)名古屋貿易情報センター、(公財)あいち産業振興機構
(独)中小企業基盤整備機構中部本部、(一社)東海日中貿易センター、愛知大学同窓会

【定員】120名 参加費無料 要申込

お申し込みはこちら

【締切】2019年9月20日(金)

講師プロフィール
小島 庄司 氏
UFJ総研(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)での企業経営支援などを経て2004年に中国へ渡り、日系企業の『野戦病院』として労務・組織・人事・法務問題を解決する。前身である日中合併会社の事業終了を機に、自身が事業継承しDao and Crewを設立。海外現地法人の経営課題で常に上位を占める「人と組織の課題解決」を中心に、これまで300社を超える経営者・現地リーダーを支援。労務や人事の経験のない経営者が、多言語・多文化の混在する組織をまとめ活性化させるための伴走を行っている。近年は、ASEANでの共通課題の解決、日本の起業家向け成長支援なども手がけている。中小企業診断士、名古屋商工会議所海外展開アドバイザー、刈谷モノづくり大学教授。


お問い合わせ先
愛知大学国際ビジネスセンター 
〒453-8777愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60番6
愛知大学名古屋キャンパス厚生棟 3F
TEL:052-564-6123
FAX:052-564-6223
ibcseminar@ml.aichi-u.ac.jp
« セミナー/イベントのページに戻る