文字サイズ

【新入生・在学生の皆さんへ】2021年度の授業実施について(第2報)(3月12日発表)

大学全般
2021年3月12日

新入生・在学生の皆さん
愛知大学 学長 川井 伸一


2021年度の授業実施について(第2報)


2021年度春学期は愛知大学活動制限指針レベル1で実施することとし、新型コロナウイルス感染症拡大防止策を講じたうえで、対面授業を基本に実施することとします。ただし、履修者が多く見込まれる授業は、感染防止のために「資料配付・提示型」、又は「事前収録(オンデマンド)型」の遠隔授業とします。

本学では、感染症拡大防止策として、各キャンパスにおいて、一定の座席間隔を確保した教室の配当、構内各所にアルコール除菌スプレーの設置等の対策を講じ、学生の皆さんの安全確保に配慮し授業を実施できるよう準備を進めています。
現時点においては、通学を前提とした対面授業が基本となります。ただし、入国できない外国人留学生や基礎疾患等により対面授業を受講できない学生に限り、審査の上、遠隔授業による受講を認めるなどの配慮をします。なお、春学期の授業形態については、在学生の皆さんには 3 月 22 日以降に学生ポータル(LiveCampus)で、新入生の皆さんにはオリエンテーションにおいてお知らせします。
今後、感染状況等により、2021 年度の授業実施について変更する場合があります。その場合は、学生ポータル(LiveCampus)や本学ホームページを通じて改めてお知らせします。

本学は、学生の皆さんの安全確保、感染防止を最優先としつつ、高等教育機関としての社会的使命を果たしてまいります。学生の皆さんが安心して授業を履修し、より充実した学生生活を送ることができるよう、全力で取り組んでまいります。皆さん一人一人が感染防止を心がけ、安全で充実した学生生活となるよう、ご理解とご協力をよろしくお願いします。