文字サイズ

【学生、教職員各位】新型コロナウイルス感染症に係る愛知大学活動制限指針に基づく対応について(9月16日発表)

大学全般
2020年9月16日

学生、教職員各位
愛知大学 学長 川井 伸一


新型コロナウイルス感染症に係る愛知大学活動制限指針に基づく対応について(9月16日発表)


 本学は、新型コロナウイルス感染症の動向に対応する本学の諸活動の制限レベルを体系的に示すことにより具体的な活動制限をとる際の参考基準とすることを目的として愛知大学活動制限指針を制定しています。8月28日からはレベル2に移行し、必要な措置を講じてきました。
 さて、東海3県の新型コロナウイルスの感染状況が引き続き穏やかな傾向を示していること、国や県の政策対応も感染症防止と経済活動維持の両立を図る観点から規制を緩和する方向にあると認められること、大学においても感染対策と対面授業との両立を積極的に工夫することが要請され、事実、非常に多くの大学は秋学期において対面授業の実施とその比率の増大を計画していること (文科省「大学における後期等の授業の実施方針等に関する調査結果」9月15日公表)、本学での対面授業や課外活動、施設の利用等を望む学生やご父母のご要望が多く寄せられていること等を総合的に判断して、本学は10月5日よりレベル1に移行し、下記の措置をとることとします。
 なお、今後とも本学を取り巻く状況を踏まえ、適切に対応しますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。



1.対象期間
2020年10月5日(月)~当分の間

2.措置の内容
(1)教育活動(授業)
 ・感染拡大防止に留意して授業を実施する
 ・オンライン授業を積極的に活用する
 
(2)研究活動
 ・感染拡大防止に留意して研究活動を行う

(3)課外活動(クラブ・サークル)
 ・感染拡大防止に留意して活動を行う

(4)学生(大学院生等含む)の入構
 ・感染拡大防止に留意して入構を認める

(5)教員の入構
 ・感染拡大防止に留意して入構を認める

(6)職員の入構
 ・感染拡大防止に留意して入構を認める

(7)学外者・学内の事業者・関連会社等の入構
 ・感染拡大防止に留意して入構を認める

(8)窓口業務
 ・感染拡大防止に留意して窓口業務を行う
 ・メールまたは電話を積極的に活用する 〔詳細はこちら
 ※証明書発行については郵送でも対応しています

愛知大学活動制限指針(10月5日以降【レベル1】)


以 上