文字サイズ

2020年度秋学期の授業(学部・短期大学部)について

大学全般
2020年8月6日

学生の皆さん

愛知大学学長
川井 伸一

2020年度秋学期の授業(学部・短期大学部)について

 この間、学生の皆さんから本年度秋学期の授業はどのような形態で行われるのか、早くキャンパスに行って授業を受けたい等の問い合わせや要望の声が多く寄せられています。新型コロナウィルス感染症の行方が見通せないなかで、皆さんには今後の授業のあり方等についていろいろご心配をおかけしています。本学は、学生の皆さんの安全確保、感染症拡大防止を最優先としつつ、高等教育機関としての社会的使命を果たしてまいります。つきましては、本学の秋学期の授業形態のありかたについて基本的な考えをお伝えし、皆さんのご理解を得たいと思います。

 7月中旬以降、東海3県における新型コロナウィルスの感染者は急速に増加しており、各県は警戒レベルを高めています。愛知県では「警戒」から「厳重警戒」レベルへ移行し、さらに「緊急事態宣言」を出しました。岐阜県は「第2波非常事態」を表明し、三重県は「緊急警戒宣言」を出しています。特に新規感染者では大学生を含む20代の若者がもっとも多くなっており、懸念されるところです。こうした中で本学は「新型コロナウィルス感染症に係る愛知大学活動制限指針」に基づき、8月1日から警戒レベル3へ引き上げることを決定し、既に大学公式ホームページ等で公表しています。

 秋学期の授業形態については、まだ最終決定をしていませんが、もし現状のレベル3のままで秋学期を開始するとした場合には、授業をオンラインのみで行うこととなります。他方、事態が改善してレベル2で秋学期を開始するとした場合には原則としてオンライン授業で実施することとし、一部の授業科目については徹底した感染防止対策をとったうえで対面授業を実施することとなります。さらにレベル1で秋学期授業を開始するとした場合はオンライン授業を積極的に活用しつつ、原則として対面授業を実施することとなります。

 新型コロナウィルスの感染状況はきわめて流動的ですが、大学としては感染状況をデータに基づき慎重に検討し対応していく予定です。現在のところ、8月21日頃を目途に秋学期開始時のレベルを判定し、秋学期の授業形態を確定して、皆さんにお伝えする予定です。

 なお、秋学期に対面授業を実施する場合において、海外や国内遠隔地に住んでいる学生、または感染に心配や不安のある学生の皆さんは、無理に登校する必要はなく、登校しないことで不利益を被ることがないよう配慮いたします。

 最後に、感染状況により本年度秋学期途中で警戒レベル及び授業形態を変更する場合も考えられます。その際は、大学公式ホームページや学生ポータル(LiveCampus)でお知らせいたします。本学教職員は、如何なる形態の授業であれ、学生の皆さんが安心して授業を履修し、より充実した学生生活を送ることができるよう、全力で取り組んでまいります。皆さんのご理解とご協力をよろしくお願い致します。

以 上