文字サイズ

愛知大学ブランド力向上のための「全卒業生」アンケート調査 ご協力のお願い

大学全般
2020年6月

卒業生のみなさま


愛知大学研究ブランディング事業本部

(担当)愛知大学三遠南信地域連携研究センター
センター長 戸田敏行


愛知大学ブランド力向上のための「全卒業生」アンケート調査 ご協力のお願い

拝啓 卒業生のみなさま、卒業後いかがおすごしでしょうか。コロナ禍で厳しい状況の中におられる方も多いと思いますが、一日も早い終息を願っております。
 さて、愛知大学には東海地方(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)を中心に14万人を超える卒業生がおり、地域社会を支える重要な基盤となっております。将来的な人口減少に向けて、本学は卒業生と連動したブランド化を図ろうとしています。こうした背景から、全卒業生(卒業生名簿から住所を把握できている10万人)のみなさまを対象に、愛知大学に対する認識や要望、愛知大学のブランド力の向上等について率直なご意見等をおうかがいしたく、登録いただいている住所へ郵送にてアンケート調査を送付させていただきました。
 本調査は文部科学省私立大学研究ブランディング事業の一環として行っております。

 ご多忙中まことに恐縮に存じますが、本調査の趣旨をご理解いただき、アンケート調査へのご協力をお願い申し上げます。なお、調査結果は、愛知大学のブランド力向上を考える貴重なデータとして活用させて頂き、個人的な情報が公開されることは決してありません。
 ご回答いただいたアンケート票は、お手元に届いてから10日間を目処に、同封の返信用封筒にて本センターまでご返送くださいますようお願い申し上げます。

 2020年1月、先行して実施いたしました三遠南信地域(愛知県東三河地方、静岡県遠州地方、長野県南信州地方)在住の卒業生を対象としたアンケート調査結果(概要速報)は、研究ブランディング事業ホームページ「『越境地域マネジメント研究』を通じて縮減する社会に持続性を⽣み出す大学」に掲載しております。
 なお、すでに同アンケート調査にご回答くださいました卒業生のみなさまにおかれましては、本調査が大学全体調査となりますので、お時間の許す限り、今一度お答えいただけますと幸いに存じます。
敬具
 
≪文部科学省私立大学研究ブランディング事業≫
愛知大学は2018年度から「文部科学省私立大学研究ブランディング事業」に選定され、三遠南信地域連携研究センターが中心となり、「『越境地域マネジメント研究』を通じて縮減する社会に持続性を生み出す大学」をテーマとした政策研究を行っております。

※本調査に関するお問い合わせ先
文部科学省私立大学研究ブランディング事業
愛知大学三遠南信地域連携研究センター 
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1-1 TEL:0532-47-4157 FAX:0532-47-4576 sen-center@ml.aichi-u.ac.jp


※本調査は愛知大学同窓会の協力により実施しております。