愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2017年3月31日 現在)

タケウチ ハルオ
竹内 晴夫   教授

(1997年4月1日就任)
経済学部   経済学科

専門分野/研究テーマとその内容

経済原論。貨幣・金融システムの研究 

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
学術論文(学術論文[共]) 貨幣と金融  社会評論社  勝村務  149-167頁  2013年04月
学会等発表(研究報告[単]) 電子マネーの展開と貨幣論争  社会主義理論学会第64回研究会      2013年10月
学会等発表(学会発表[単]) 中央銀行論  原論研究会      2012年05月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
レポートの質問事項への回答・解説  2012/10  現在に至る  レポートに書き込まれた質問事項について内容に即した分類を行ったうえで回答・解説を行い、受講生の理解を深めるとともに、授業への参加意識を高めるようにつとめた。 
プレゼンテーション・ソフトを用いた解説  2010/04  現在に至る  プレゼンテーション用ソフトを用いて表やグラフを示し、わかりやすく説明を行うようにしている。同時に、学生がノートしやすいように、説明の際は黒板に直接に書くことも行っている。 
新聞、ビデオなどを利用した講義  2010/04  現在に至る  新聞記事を紹介、説明しながら、経済学的な読み取り方を示した。学生の興味を喚起することで問題意識を促し、理論的思考を楽しめるように心がけている。また、問題をリアルにないし具体的にとらえられるように、ビデオ教材も使っている。 
2 作成した教科書、教材、参考書
「卒業論文の書き方」などのマニュアルの作成・利用  2012/04  現在に至る  「報告のやり方」や「卒業論文の書き方」、「ディベート」や「グループ討論の方法」などについてマニュアルを作成し指導に用いた。 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
4 その他教育活動上特記すべき事項

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 幹事 経済理論学会 2015/01 現在に至る
学外機関役職 『季刊経済理論』編集委員長 経済理論学会 2014/12 2015/12
学外機関役職 副会長 日本流通学会 2014/11 現在に至る
学外機関役職 中部部会会長 日本流通学会 2012/04 2015/11
学外機関役職 理事 日本流通学会 2002/11 現在に至る
講演 アベノミクス異次元緩和政策-その「成果」と問題点 愛知大学同窓会会計人会 2015/06
講演 日本の雇用システムの現状と展望 SMBCパーク栄セミナー 2010/04