愛知大学 三遠南信地域連携研究センター|文部科学省 共同利用・共同研究拠点  「越境地域政策研究拠点」

愛知大学公式サイトへ

愛知大学三遠南信地域連携研究センター > 研究会

2016年12月15日

第15回コア研究会「情報化・知能化社会におけるトヨタ研究開発モデルの特徴と限界」を開催します

・日時:2016年12月20日(火)17:30~18:30

・場所:愛知大学豊橋校舎本館2階(三遠南信地域連携研究センター)

・発表者:趙妍 ZHAO Yan(上海師範大学・大学院生、三遠南信地域連携研究センター・客員研究員)

・発表要旨:1台の乗用車は,約2~3万件の部品より構成され,その製造工程は極めて複雑であり,高い水準の研究開発の能力と製造能力が必要である。戦後,日本の自動車産業は,国の経済と産業を牽引する基幹産業にまで成長した。現在,日本車の品質は世界のトップレベルに達しているが,その成功の裏側には,優れたR&Dの体制とそれを支える下請け生産システムの存在が指摘できる。 本発表は,日本を代表する自動車メーカーであるトヨタ関連の自動車部品メーカーを対象として,組み立てメーカーとサプライヤー間の部品設計と製造の取引関係に注目し,トヨタ特有の承認図と委託図方式を通じて,グループ全体のR&Dの能力を向上させる体制の分析を行う。とりわけ,承認図生産方式の導入により,部品の設計と製造に関する高度な技能を,東海地方の製造業全体にまで波及し,世界に類をみない自動車部品生産の集積地まで成長してきたメカニズムを解明するとともに,情報化・知能化社会におけるトヨタ研究開発モデルの特徴と限界を指摘する。

1220

2016年3月14日

第13回コア研究会「マイクロジオデータを用いた空き家推計に関する研究」を開催します

・日時:2016年3月18日(金)9:30~11:30

・場所:愛知大学豊橋校舎本館2階(三遠南信地域連携研究センター)

・発表者:秋山祐樹 氏(国土交通省国土交通政策研究所研究官,東京大学空間情報科学研究センター特任助教,
      愛知大学三遠南信地域連携研究センター研究員,韓国国土研究院(KRIHS)Visiting Research Fellow)

・発表要旨:
 現在日本では人口減少や高齢化などを背景に,全国で空き家が増加している。空き家は防災防犯上の観点のみならず,
地域の魅力・活力の維持という観点からも地域全体に影響をもたらす可能性がある。
一方で老朽が進んでいない空き家は中心市街地の活性化・再開発,コンパクトシティなどの観点からも利用価値がある。
こうした背景から平成26年11月には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立し,空き家に関する計画の策定や
対策の実施が地方自治体の努力義務として定められた。同法では地方自治体は空き家に関する情報の把握と空き家の分布に
関するデータベースの整備を求められている。そのため同調査の基礎的情報として今後空き家が増加する可能性が高い
地域の把握が必要とされている。
 そこで本研究では将来推計人口と全国の建物に関するマイクロジオデータを用いて,現在の建物のうち今後空き家となる
可能性のある建物の分布推定を試みた。また同結果を集計することで,今後空き家が増加する可能性が高い地域の推定を
行う環境を整備した。

 

poster_CoreStudy12

2016年2月27日

第12回コア研究会を開催します

日時:2016年2月29日(月)13:30~15:30

場所:愛知大学豊橋校舎本館2階(三遠南信地域連携研究センター)

発表内容

1.「新産業革命の影響下の資源産業の持続的な成長に関する研究」、郭暁川、内蒙古大学経済管理学院 教授

2.「中国の乳製品企業の持続可能性に関する研究」、銭貴霞、内蒙古大学経済管理学院 教授

3.「産業の空間的な分布および変遷の表現に関する研究」、張启鋒、内蒙古大学経済管理学院 講師

4.「中山間地域地方創生の課題に向き合う – 東栄町を事例に」、蒋湧、愛知大学地域政策学部 教授

 20160229

2016年1月20日

第11回コア研究会を開催します

日時:2016年1月28日(木)午後 13:30~15:30

場所:三遠南信地域連携研究センター(愛知大学豊橋校舎 本館2階)

プログラム:

    講演:「3DGISとCityEngine」丹羽雄輔(ESRIジャパン)

    報告・実演:「3Dプリンターの導入」 湯川治敏(愛知大学)

    意見交換:コーディネーター 蒋湧(愛知大学)

20160128

2015年11月20日

2015年11月25日(水)に、研究会”Risk assessment of industrial geographical network in the scenario of seismic disaster: A case study of Toyota in Japan ”を開催します。

2015年11月25日(水)に、以下のように研究会を開催します。

Weijiang LI ppt

 
≪テーマ≫
“Risk assessment of industrial geographical network in the scenario of seismic disaster: A case study of Toyota in Japan ”

≪話題提供者≫
・Weijiang LI. Department of Geography, Shanghai Normal University
・Yong JIANG. Research Center for San-En-Nanshin Regional Collaboration, Aichi University

≪日時≫
・2015年11月25日(水)16:30~17:30

≪場所≫
・三遠南信地域連携研究センター(愛知大学豊橋校舎本館2階)

◇ お問い合わせ先
 愛知大学三遠南信地域連携研究センター
 Tel: 0532-47-4157 E-mail: sen-center@ml.aichi-u.ac.jp

2014年12月2日

2015年1月31日(土) 越境地域政策研究フォーラム開催のお知らせ(更新)

■ 開催趣旨: 愛知大学三遠南信地域連携研究センターは、文部科学省「共同利用・共同研究拠点」制度における「越境地域政策研究拠点」として、国内外の越境地域を対象とした政策研究を進めています。本年度も、越境地域政策の背景と課題、今後の政策研究の可能性を考える場として、下記の様に研究フォーラムを開催いたします。
越境地域政策に関心を持つ皆様のご参加をお待ちしております。

■ 日時:2015年1月31日(土)

■ 場所:愛知大学豊橋校舎

■ 主催:文部科学省 共同利用・共同研究拠点
「越境地域政策研究拠点」愛知大学三遠南信地域連携研究センター

午前の部 10:00 ~
■ 基調講演「人口減少と越境地域形成」   松谷明彦(政策研究大学院大学名誉教授)

松谷明彦氏プロフィール
<役職>政策研究大学院大学・名誉教授
<専門分野>マクロ経済学、財政法、財政学、社会基盤学
<略歴>
1969年 東京大学経済学部 経済学科 卒
1970年 大蔵省入省、主計局調査課長、主計局主計官、横浜税関長、大臣官房審議官等を歴任
1997年 政策研究大学院大学教授、2011年政策研究大学院大学客員教授(現在に至る)
2004年 東京大学より「人口減少高齢社会における社会資本整備の前提条件」で学位・博士(工学)を取得

<最近の出版物>
ü 「人口減少時代の大都市経済―価値転換への選択」(東洋経済新報社)
ü 「人口流動の地方再生学」(編著、日本経済新聞出版社)
ü 「2020年の日本人 – 人口減少時代をどう生きる」(日本経済新聞出版社)
ü Shrinking-Population Economics – Lessons from Japan ” (English edition,International House of Japan)

※アラン・ワイズマン著の『滅亡へのカウントダウン―人口大爆発とわれわれの未来(上下巻)』、「第13章縮小と繁栄-日本」では、松谷先生の人口減少への考えが紹介されています。

<社会活動>
テレビ,新聞,雑誌において人口社会現象に関するインタビュー,スタジオ出演多数

<現在の研究対象>
ü 極大値後の経済における国民所得の決定理論に関する研究
ü 財政の法理と財政システムに関する研究
ü 人口減少高齢社会における経済・社会システムに関する研究
ü 社会基盤の最適化に関する研究
ü 域再生と都市再生に関する研究

■ 地域間交流研究シンポジウム「越境地域から広域ブロックへ」
パネリスト:
【三遠南信】戸田敏行(愛知大学三遠南信地域連携研究センター長)
【木曽地域】山田雅雄(名古屋市立大学経済学部特任教授(元名古屋市副市長))
【上越地域】内海巌(上越市創造行政研究所主任研究員)
【九州地域】飯干辰己(前宮崎県五ヶ瀬町長)
コーディネーター:岩崎正弥(愛知大学地域政策学部教授)
コメンテーター:福島茂(名城大学副学長・都市情報学部教授)

午後の部 14:00 ~
■ 分科会 14:00 ~16:30
分科会1 越境地域とガバナンス
分科会2 越境地域とリスク管理
分科会3 越境地域と生活・環境
分科会4 越境地域と経済
分科会5 越境地域と歴史・文化

■ 統括報告会・交流会17:00 ~

【お申込み・お問い合わせ先】
愛知大学三遠南信地域連携研究センター
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1-1 
TEL:0532-47-4157
FAX:0532-47-4576 
E-mail:sen-center@ml.aichi-u.ac.jp (担当:伊藤・佐藤)


【分科会発表テーマと発表者】(※発表者・テーマは変更になる場合があります)
分科会1 越境地域とガバナンス (分科会1資料
コーディネーター:戸田敏行(愛知大学)
コメンテーター:大貝彰(豊橋技術科学大学)
・北陸新幹線開業後の地域づくりに向けた信越県境地域の研究ネットワーク構築に関する基礎研究:内海巌(上越市創造行政研究所)
・上信越国境の地域ガバナンス確立のための自治体経営手法評価の構築:熊倉浩靖(群馬県立女子大学)
・福岡・釜山の越広域経済圏形成に向けた外国人高度人材の就職支援プラットフォームの構築:柳基憲(福岡アジア都市研究所)
・ドイツ・ノルドライン・ヴェストファーレン州の内発的・創造的な越境地域マネジメント手法に関する研究:有田智一(筑波大学)
・越境地域の経済連携からみる「新ユーラシア鉄道」:暁敏(内蒙古大学)

分科会2 越境地域とリスク管理 (分科会2資料
コーディネーター:蒋湧(愛知大学)
コメンテーター:厳網林(慶応義塾大学)
・食品由来リスクの越境管理:功刀由紀子(愛知大学)
・越境地域と獣害対策:佐藤正之(愛知大学)
・大規模災害時における地域連携と広域後方支援に関する政策研究:西堀喜久夫(愛知大学)
・三河湾への栄養塩及び水銀流出負荷量の算出:井上隆信(豊橋技術科学大学)
・避難所の空間配置と行政区界を超えた有効利用に関する研究:於家(上海師範大学)
・地域住民のアクセシビリティを考慮した避難圏の検討:山元隆稔(愛知大学)

分科会3 越境地域と生活・環境 (分科会3資料
コーディネーター:岩崎正弥(愛知大学)
コメンテーター:黍嶋久好(愛知大学)
・越境地域とNPO活動:今里佳奈子(愛知大学)
・越境地域とスポーツ産業(越境地域とスポーツイベント):元晶煜(愛知大学)
・越県路線バスの運営における沿線自治体の関係と役割―中部地方の事例―:田中健作(豊田工業高等専門学校)
・渡良瀬川流域の景観づくり(-両毛地域3都市の景観計画の比較分析-):増山正明(足利工業大学)

分科会4 越境地域と経済 (分科会4資料
コーディネーター:駒木伸比古(愛知大学)
コメンテーター:阿部和俊(愛知教育大学)
・三遠南信地域を対象とした地域間産業連関分析に関する研究:渋澤博幸(豊橋技術科学大学)
・三遠南信地域の県境を越えた取引構造と高速交通網整備の効果に関する研究:加藤勝敏(東三河地域研究センター)
・新しいマイクロジオデータ活用への挑戦-企業間取引ビッグデータの可能性-:秋山祐樹(東京大学)
・越境観光政策における地方鉄道の役割:丹羽浩正(八戸学院大学)
・GMSにおける越境貿易:名和聖高(愛知大学)

分科会5 越境地域と歴史・文化 (分科会5資料(予定会場、発表順内容に変更がございます)。
コーディネーター:黒柳孝夫(愛知大学)
コメンテーター:阿部聖(愛知大学)
・三遠南信の文化軸ー越境地域と中央構造線-:藤田佳久(愛知大学)
・越境地域と出土文字資料:犬飼隆(元愛知県立大学)
・越境地域と文字文化-道への祈り-:和田明美(愛知大学)
・江戸時代の東海道交通と新居関所:渡辺和敏(愛知大学)
・越境地域の民俗:印南敏秀(愛知大学)

 

フォーラム_20150131

 

 

2014年11月30日

第10回コア研究会(公開講演会)を開催します

2015年1月13日(火)、下記の通り、第10回コア研究会を開催します。
公開講演会ですので、申込みは不要です。
*学生の皆さんの参加を歓迎します

≪日時≫
2015年1月13日(火) 15:00~17:00

≪場所≫
愛知大学名古屋校舎(ささしま) 講義棟8階L803教室

≪演題≫
「リニア中央新幹線開設に伴う名古屋駅周辺地域整備 ~中部圏の視点から~」

≪講師≫
黒田昌義氏(名古屋市住宅都市局長)

≪講演会趣旨≫
 2027年にリニア中央新幹線の品川・名古屋間開通が予定されています。これに伴い名古屋駅周辺地域の整備が急速に進もうとしており、笹島地区を取り巻く状況も変化しつつあります。こうした名古屋駅の集中的整備は、中部圏の広域的繋がりにも影響を与えます。
 三遠南信地域連携研究センターでは、行政界を越える越境地域政策をテーマとした研究を行っていますが、今回の講演会では、現在進みつつある名古屋駅周辺整備と「ささしまライブ24」、今後の中部圏広域連携について考えます。

◇ お問い合わせ先
 愛知大学三遠南信地域連携研究センター
 Tel: 0532-47-4157 E-mail: sen-center@ml.aichi-u.ac.jp

ご案内

 

 

 

 

 

2014年11月5日

第9回コア研究会を開催します

2014年11月29日に、以下のように第9回コア研究会を開催します。どなたでもご参加になれますので、
ふるってご参加ください。

「三遠南信地域間を結ぶ観光振興バスの可能性」

≪話題提供≫
 ・安福恵美子氏(愛知大学地域政策学部・教授)
 ・三宅淳子氏(愛知大学短期大学部・非常勤講師/NPO法人奥浜名湖観光まちづくりねっと・事務局長ほか)

≪日時≫
 ・2014年11月29日(土) 14:00~16:00


≪場所≫
 ・三遠南信地域連携研究センター(愛知大学豊橋校舎本館2階)

◇ お問い合わせ先
 愛知大学三遠南信地域連携研究センター
 Tel: 0532-47-4157 E-mail: sen-center@ml.aichi-u.ac.jp

 

 

senHP141104_01.jpg


ページ上部へ

愛知大学 三遠南信地域連携研究センター
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1-1 TEL 0532-47-4157 FAX 0532-47-4576

Copyright 2004-Now,Research Center for San-En-Nanshin Regional Collaboration, Aichi University,Japan. All Rights Reserved.