文字サイズ

教員・職員公募

国際コミュニケーション学部特任教員(日本語教育)の公募について

愛知大学では下記要領にて教育職員(特別任用教員)を公募いたします。
1.担当科目および採用後の所属担当科目:
 共通教育科目(語学分野)「日本語Ⅱ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅶ」(各1単位)学部1、2年次対象
 協定留学生日本語コース 「日本語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ」(各1単位)協定留学生対象
 注:このほか共通教育科目、大学院の科目等、その他科目の担当もありえます。

所属:国際コミュニケーション学部 国際教養学科(名古屋キャンパス)
2.職名および募集人員助教、准教授または教授(本学において、助教は旧専任講師に該当します) 1名
3.採用予定日2020年4月1日
4.待遇本学規定による。
5.勤務条件①主に名古屋キャンパスにおいて授業を担当していただきます(担当科目の詳細については面接時に説明します。必要に応じて豊橋キャンパスでの勤務もありえます)。
②責任授業時数は、各セメスター5コマ以上です。
③日本語科目の担当者として、日本語教育に関する運営業務に携わっていただきます。
④採用時、または採用後に所属学部等の異動がありえます。
6.応募資格および要件①大学院博士後期課程修了(見込みを含む)以上、またはこれに準ずる研究歴もしくは教育歴を有する方。
②日本語教育に熱意があり、協調性をもって運営業務に積極的に携わることができる方。
③大学学部レベルの第二言語としての日本語を教える教育能力・日本語能力を有し、高等教育機関等で3年以上の日本語教育経験をもつ方(個人授業、TAは除く)。
④日本語コースの開発、プログラム・コーディネーションおよび様々な異なるタイプの日本語科目の授業運営経験がある方が望ましい。
⑤日本語コースの授業や運営業務、海外協定校との協議等において必要なレベルの英語が使える方。
⑥採用後、愛知大学名古屋キャンパスに通勤可能な範囲(80km以内)に居住すること。
7.提出書類①履歴書(写真貼付):原本1通と複写3通
(※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)
履歴書 書式(Microsoft Excel)
②教育研究業績書(学会発表含む):原本1通と複写3通
(※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)
教育研究業績書 様式(Microsoft Word)
③研究業績のうち主要なもの ※3編以内(抜粋又は複写):原本1部と複写3部
④担当予定授業科目(「日本語Ⅶ」)のシラバス(様式自由):原本1部と複写3部
⑤教育活動・研究活動・大学運営協力等に関する自己評価報告書(※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)と
教育と研究に関する抱負(A4サイズ用紙一枚程度、様式自由):原本1部と複写3部
自己評価報告書 様式(Microsoft Word)

※後日面接にかかわって、関連書類の提出、採用予定科目の模擬授業等を求めることがあります。
8.提出期限2019年8月31日(土)(当日消印有効)
9.提出および問い合せ先〒461-8641  愛知県名古屋市東区筒井二丁目10−31
愛知大学人事課長 伊藤 宛
TEL: 052-937-8153【担当 渡邉】
E-mail:jinji@aichi-u.ac.jp

封筒の表に「特別任用教員(日本語 名古屋)応募書類在中」と朱書の上、書留又は宅配便等、配達記録の残る方法で送付してください。
提出書類は原則として返却いたしません。返却をご希望の方は、宅配便着払い伝票に必要事項を記入したものを同封してください。
10.その他応募において提供して頂いた個人情報は、本学「個人情報の保護に関する規程」に従って適正に管理し、人事選考以外の目的には使用致しません。