事業概要

愛知大学東亜同文書院大学記念センター/
オープン・リサーチ・センターについて

東亜同文書院(後に大學)は、1901年(明治34年)東亜同文会(会長近衞篤麿貴族院議長)によって中国の上海に創立されました。日中提携の人材養成を目的とし、戦前海外に設けられた日本の高等教育機関としては、最も古い歴史を持っています。中国・アジア重視の国際人を養成し、ここから日中関係に貢献する多くの人材が育ちました。1945年(昭和20年)敗戦により、東亜同文書院は半世紀にわたる歴史の幕を閉じ、翌1946年(昭和21年)5月、最後の学長となった本間喜一(愛知大学第二・四代学長)ら13名の同校教職員が東京都下に参集し、書院生をはじめとする海外諸校からの引き揚げ学徒たちを収容する大学の新設を決意し、同年11月15日、「世界文化と平和に寄与すべき新日本の建設に適する国際的教養と視野を持つ人材の育成」を建学の主旨に掲げて誕生した愛知大学にとって、東亜同文書院はその前身ともいうべき存在といえます。

東亜同文書院大学記念センターには、同書院関係資料、孫文・辛亥革命と山田良政・純三郎関係資料を展示しています。また2006年度には、研究プロジェクト「愛知大学東亜同文書院大学記念センターの情報公開と東亜同文書院をめぐる総合的研究の推進プロジェクト」(研究代表者藤田佳久教授)が、文部科学省の平成18年度私立大学学術研究高度化推進事業(オープン・リサーチ・センター整備事業)に選定されました。本プロジェクトは、「本学の書院研究の成果公開と未整理史資料のデータベース化」、「公開情報・データベースにもとづく展示施設の整備充実」などを中心に、あわせて研究の進展を目的としています。5カ年の計画で、シンポジウムや公開講座の開催、および全国5カ所での学術資料・研究成果の展示をはじめ、愛知大学の若手研究者の育成もめざしています。

※オープン・リサーチ・センター整備事業
私立大学の大学院・研究所の中から、多様な人材を受け入れ、研究と、若手研究者や高度専門職業人などの人材養成とを併せて行ったり、研究成果等の幅広い公開を行うなど、オープンな体制の下でプロジェクトを推進する研究組織を「オープン・リサーチ・センター」に選定し、総合的かつ重点的に支援を行う。(文部科学省)

愛知大学について

愛知大学の前身「東亜同文書院(後に大学)」は、1901年中国上海に設置され、日本の海外高等教育機関として最も古い歴史をもちます。当時貴族院議長であった近衞篤麿が、東亜同文会を設立。東亜同文会の理念は教育文化事業によって日中友好提携を成し遂げることにあり、そのための人材育成が東亜同文書院大学の設立目的でした。

アジア随一の国際都市であり、当時の文化や流行の発信地でもあった上海で、学問の自由を尊ぶ校風のもと、中国・アジア重視の国際人を養成。しかし、日本の敗戦によって東亜同文書院大学は中国に接収、半世紀にわたる歴史の幕を閉じたのです。その折、同大学最後の学長を務めた本間喜一(後に最高裁判所事務総長)は、新たな大学の設立を決意。1946年5月、本間学長の呼びかけに東亜同文書院大学の教職員、学生の多くが集い、同年11月15日に愛知大学は中部地区唯一の旧制 法文系大学として誕生しました。

建学の精神として「世界文化と平和への貢献」、「国際的教養と視野をもった人材の育成」、「地域社会への貢献」を掲げ、現在もその具現化に向けて、取り組んでいます。

ページトップへ
  • 愛知大学
  • 愛知大学図書館
  • 霞山会
  • 東亜同文書院大学同窓会