『愛知大学東亜同文書院大学記念センター オープン・リサーチ・センター年報』第5号(2011年3月)

 目次
はじめに 藤田佳久
オープン・リサーチ・センタープロジェクトの5年間をふりかえって 藤田佳久
〔国内シンポジウム〕
テーマ:戦前海外にあった愛大ルーツ校5校の出身学生が語るアジアと愛大
あいさつ佐藤元彦
 
発表1:ハルピン学院出身、愛大25年卒 谷藤助
発表2:東亜同文書院出身、愛大23年卒 小崎昌業
発表3:京城経専出身、愛大27年卒 奥田廣實
発表4:満州建国大学出身、愛大25年卒 佐藤達也
発表5:台北高校・第四高校出身 園部逸夫
発表6:コメンテーター 井和伸
質疑応答
〔京都展示会・講演会〕
テーマ:犬陸にあった目本の高等教育機関と東亜同文書院
あいさつ佐藤元彦

講演1:建国大学と私 佐藤達也
講演2:ハルピン学院と私 谷藤助
講演3:東亜同文書院(のち大学)と私 小崎昌業
講演4:東亜同文書院大学のあゆみと中国人調査旅行 藤田佳久
講演5:東亜同文書院に入学した京都府出身者:明治・大正期の京都府費生を中心に 武井義和
〔米沢展示会・講演会〕
テーマ:置賜が生んだ本間喜一をめぐって―東亜同文書院大学から愛知大学そして最高裁判所―
講演1:米沢地方の歴史風土と本間喜一 山田邦明

講演2:私の父 本間喜一を語る 殿岡晟子
講演3:本間喜一がつないだ東亜同文書院大学と愛知大学 藤田佳久
〔名古屋展示会・講演会〕
テーマ:東亜同文書院から愛知大学ヘ―近衞家、荒尾精、孫文、中国アジア大旅行、日中交流―
あいさつ 佐藤元彦

講演1:近衞文麿公の『われ巣鴨に出頭せず』をめぐって 工藤美代子
講演2:東亜同文書院大学から愛知大学へ
―オープン・リサーチ・センタープログラム事業にも関連して― 藤田佳久

〈展示会・講演会の企画運営に当たり〉
今年は京都、米沢そして名古屋で展示会・講演会を開催 山口恵里子

〔若干研究者発表会〕
東亜同文会京都支部の創立過程と会員構成について〜創立期の1901年を中心として〜 武井義和
愛知大学記念館について―歴史・史料・これまでの研究― 佃隆一郎
大旅行記録からみた20世紀前半期の内蒙古の地域像 高本秀和
内田茂二(東亜同文書院第4期生)の華北硝石資源調査 広中一成
書院生のフルンボイル調査を中心に 暁敏
〔論文〕
〔資料と解説〕第二七期生による東蒙古都邑調査報告 藤田佳久
東亜同文書院大学の記録に現れる朝鮮人実業家・
林承業(イムスンオブ)についての簡述〜『東亜同文書院大学調査報告書(昭和十四年度)』を手掛かりに〜 武井義和
〔研究ノート〕
高橋正二『在清見聞録』第一、第二―日清貿易研究所の学生による記録― 石田卓生
〈資料紹介〉
2010年度に寄贈された資料の紹介 武井義和
愛知大学文学部史学科・哲学科増設認可申請書 佃隆一郎
大学史資料の紹介―実業家の側面を持った本間喜一先生− 小林倫幸
〔諸事項の報告・紹介〕
全国大学史協議会(於熊本大学)に参加して 藤田佳久
東亜同文書院大学記念センター初の企画展(2010年5〜7月開催)に関わって 佃隆一郎
最終実施年度となった、2009年度大学史リレー講義 佃隆一郎
〔オープン・リサーチ・センター活動記録〕
活動記録・会議記録展示室利用状況新聞記事(抜粋)5ヵ年のオープン・リサーチ・センター活動総括


【お問い合わせ】
愛知大学東亜同文書院大学記念センター
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1−1
Tel:  (0532) 47-4139
Fax: (0532) 47-4196
Emailto: 
toa@ml.aichi-u.ac.jp