1960年代初頭(昭和30年代末)の愛知大学の様子 中内康博氏寄贈写真より

 本センターは、現在、旧愛知大学大学史事務室所蔵資料を管理していることから、東亜同文書院大学の後身校たる愛知大学の大学史に関係する資料の収集整理についても活動を進めております。
 愛知大学OB中内康博氏より先にご寄贈いただきました1960年代愛知大学(現豊橋キャンパス)について、中内氏より詳細な説明をいただきましたので、整理を進めている資料の一端を紹介します。
 左側写真は中内氏撮影の旧状、右側は現状です。
 
1枚目:建設中の現第3号館(左)
2枚目:現在の豊橋図書館南側にあった教室棟(左)
3枚目:現在の第2号館の場所にあった教室棟(左)
4枚目:愛知大学近くの南栄町(左):左手前に2000年代初頭まで営業していた「びっくりうどん」の看板が見える。現在の「魚金」の前から撮影したものであろう。
文責:石田卓生 
 
【お問い合わせ】
愛知大学東亜同文書院大学記念センター
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1−1
Tel:  (0532) 47-4139
Fax: (0532) 47-4196

E-mail: toa@ml.aichi-u.ac.jp 


関連記事
中内康博氏より愛知大学大学史関連資料をご寄贈いただきました