私立大学戦略的研究基盤形成支援事業外部評価委員によるヒアリング

 文部科学省市立大学戦略的研究基盤形成支援事業によるプロジェクト「東亜同文書院を軸とした近代日中関係史の新たな構築」(2012-2016年度)に対して、外部評価委員石原潤氏(元奈良大学学長・京都大学名誉教授)、田中仁氏(大阪大学教授)のヒアリング調査を受けました。
 東亜同文書院の調査旅行に代表される特徴的な教育システムや中国についての先駆的地域研究、卒業生のグローバルな活躍などを総体的に理解することによって、東亜同文書院を基軸に据えた近代日中関係史を構築しようとする本プロジェクトの活動と成果について、三好章(愛知大学東亜同文書院大学記念センター長・愛知大学現代中国学部教授)、藤田佳久(愛知大学名誉教授)、馬場毅(愛知大学名誉教授)、田辺勝巳(愛知大学研究支援課)が説明をしました。
文責:石田卓生
 
写真:左端から藤田、石原、田中、馬場、三好、田辺
 
【お問い合わせ】
愛知大学東亜同文書院大学記念センター
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1−1
Tel:  (0532) 47-4139
Fax: (0532) 47-4196
E-mail: 
toa@ml.aichi-u.ac.jp


関連記事
平成24年度文科省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に採択