2017年度第2回『華語萃編』講読会

  『華語萃編』(かごすいへん)の講読会が催されました。『華語萃編』は、東亜同文書院で編まれ、使われていた中国語テキストです。これは初期の愛知大学でも使われていました。『中日大辞典』編纂に尽力した今泉潤太郎氏(愛知大学名誉教授)による指導のもと、『華語萃編』の第44課「託租住宅」(家を借りることを依頼する)を精読しました。テキストだけではなく、時に中国語の歴史や東亜同文書院、愛知大学の中国語教育研究にかかわる逸話も飛び出す盛りだくさんの内容となりました。
文責:石田卓生
 
写真:奥中央今泉
 
なお、『華語萃編』講読会は定期的に開催されています。
日時:毎月第2木曜日午後1時半から60分ほど(次回は6月8日となります)
場所:愛知大学記念館愛知大学東亜同文書院大学記念センター講義室
 
【お問い合わせ】
愛知大学東亜同文書院大学記念センター
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1−1
Tel:  (0532) 47-4139
Fax: (0532) 47-4196
E-mail: 
toa@ml.aichi-u.ac.jp