トップページ > 入試Q&A

入試Q&A

一般入試・推薦入試について

複数出願できる入試を教えてください。
下表の入試種別は、複数出願が可能です。

2018年度入試

入試種別 試験日 複数出願について
一般推薦(併願制)
短大一般推薦(併願制)
11月19日(日) 1学部・学科・コースと短期大学部への出願が可能
短大前期入試A 1月29日(月)、30日(火) 2日間とも出願が可能
M方式入試・短大M方式入試 2月2日(金) 一度の試験で全学部・学科・コースへの出願が可能(短期大学部への出願も可能)
前期入試・短大前期入試B 2月5日(月)、6日(火)
7日(水)、8日(木)
1試験日につき短期大学部を含め、1学部・学科・コースへの出願が可能
※センタープラス方式入試または短大センタープラス方式入試に同日出願可能
センタープラス方式入試
短大センタープラス方式入試
1試験日につき短期大学部を含め、1学部・学科・コースへの出願が可能
※前期入試または短大前期入試Bに同日出願可能
センター試験利用入試(前期)[5教科型][3教科型]
短大センター試験利用入試(前期)[2教科型]
独自試験はありません 全学部・学科・コースへの出願が可能(5教科型、3教科型と短大2教科型の併願も可能)
後期入試・短大後期入試 3月9日(金) 一度の試験で全学部・学科・コースへの出願が可能(短期大学部への出願も可能)
センター試験利用入試(後期)
短大センター試験利用入試(後期)
独自試験はありません 全学部・学科・コースへの出願が可能(短期大学部への出願も可能)
入試種別が多くてどの入試を受ければよいか分からないのですが…
愛知大学のメイン入試は募集定員が最大である前期入試です。複数日の出願により、入学検定料割引制度が適用されます。試験日が4日間から選択できる前期入試を中心に出願検討することをおすすめします。前期入試の出願時はセンタープラス方式入試への同日出願も可能で、併願出願による入学検定料割引制度も適用されます。
選択科目・試験日によって有利・不利はありますか?
各科目間・日程間において、本学の基準にて得点調整を行います。選択科目・試験日による有利・不利はありませんので、力を発揮できる科目・日程で受験してください。
入試での特別な配慮について教えてください。
障がい等により、受験・修学に際して特別な配慮を必要とする場合は、入試課へお問い合わせください。申請手続きをご説明し必要書類をお送りします。本学の入学試験における特別措置は、原則として大学入試センター試験での措置内容に準じ、可能な限り対応します。また、出願後の不慮の事故等により、受験時に特別な配慮を必要とする場合も速やかに入試課へお問い合わせください。
選択科目は出願時に選択するのですか?
入試種別ごとに以下の通りです。また、出願登録確定後の科目変更は認められませんので、出願時には十分注意して選択してください。
前期入試
M方式入試
後期入試
出願時に「日本史」・「世界史」・「数学」・「地理※」・「倫理、政治・経済※」の中から1科目選択します。
センタープラス方式入試
短大センタープラス方式入試
独自試験は、出願時に「外国語」・「国語」・「数学」の中から1科目を選択します(国際コミュニケーション学部のみ「外国語」必須)。センター試験の選択科目は、各学部・学科・コースの定めにより採用します。所定の科目数を超えて受験した場合、高得点科目から順に自動的に採用します。ただし、「地理歴史・公民」「理科(基礎を付していない2科目受験の場合)」は、第1解答科目の得点を採用します。
センター試験利用入試(前期)(後期)
短大センター試験利用入試(前期)(後期)
センター試験の選択科目は、各学部・学科・コースの定めにより採用します。所定の科目数を超えて受験した場合、高得点科目から順に自動的に採用します。ただし、「地理歴史・公民」、「理科(基礎を付していない2科目受験の場合)」は、第1解答科目の得点を採用します。
短大後期入試 出願時に「英語」・「国語」・「日本史」・「世界史」・「地理」・「数学」から1科目を選択します。

※「地理」はM方式入試、前期入試(2月5日(月))、後期入試のみ実施。
※「倫理、政治・経済」はM方式入試、前期入試(2月5日(月))のみ実施。

ページ上部へ戻る

文学部「学科・コース別入試」・「学部全体入試」について

文学部の入試制度と所属学科・コース・専攻の決定との関係はどうなりますか?
文学部には、学科・コースを決めて受験する「学科・コース別入試」と、学科・コースを決めずに受験する「学部全体入試」があります。「学科・コース別入試」での入学者は、入学時に所属学科・コースが決まっています。所属する専攻の決定は、1年次に所定の単位を修得した場合に本人の希望する学科・コース内で選択できます。
「学部全体入試」による入学者は、本人の希望と1年次の成績により、2年次進級時に所属する学科・コース・専攻が決まります(1年次の所属は、便宜上、人文社会学科になります)。
入試種別 学科・コース別入試 学部全体入試
前期入試  
センタープラス方式入試  
センター試験利用入試(前期)  
M方式入試  
後期入試  
センター試験利用入試(後期)  
推薦入試・特別入試(編入学試験を除く)  

ページ上部へ戻る

合格発表・入学手続について

推薦入試、前期日程で合格し第一次入学手続後、後期日程で他学部に合格した場合の入学金は?
入学金振替制度があります。併願可能な推薦入試や前期日程で合格し第一次入学手続を行い、それ以降の入試で他の学部に合格した場合は、「入学金振替制度」により入学金の振替が可能です。第一志望学部の合格をめざし、最後までチャレンジしてください。
前期入試で合格しましたが第二次入学手続の延期はできますか?
前期(学部・短大)、M方式(学部・短大)、センタープラス方式(学部・短大)、センター試験利用(前期)(学部・短大)、一般推薦(併願制)(学部・短大)、情報・簿記会計推薦、短期キャリアデザイン特別入試では、届け出をすることで第二次入学手続の延期が可能です。詳細については「入学案内」でご確認ください。

ページ上部へ戻る

在学時にかかる費用について

愛知大学で学ぶ場合、1年間にどれくらいのお金が必要になりますか?
例えば、愛知大学法学部の初年度学納金は1,188,000円で、これに加え生活費が必要です。生活費は自宅と下宿では大きく異なり、その差は70万円以上になると言われています。私立大学の学費が高いと言われがちですが、文系の場合、自宅から通学するメリットは大きく、本学の名古屋・豊橋キャンパスは交通至便であり愛知県のみならず、岐阜県、三重県、静岡県、滋賀県方面まで自宅通学エリアとなります。
参考
生活費平均 自宅通学の場合 698,160円(年額) (大学生協調べ)
下宿通学の場合 1,403,520円(年額) (大学生協調べ)

▲ ページ上部へ戻る