2011年4月地域政策学部開設。

地域を見つめ、地域を活かす
コース紹介

公共政策コース

新時代に向けた、新しい公共空間の創造をめざします。

地域に住む人々の仕事と暮らしを守り、発展させるための公共の仕組みと役割を理解し、地域問題の発見と解決策の提案ができる地域政策のプロを養成。国・地方自治体・企業・諸団体での政策立案や実践を担う人材を育成します。

地域産業コース

地域産業の持つ経済機能の改革に取り組みます。

地域産業の歴史や課題、産業立地と蓄積の論理、国際的な地域産業のマーケティング理論、労働・雇用戦略を学びます。新産業創出や地域産業振興、国際展開を担う人材や起業家、後継者として活躍する人材の育成を目的とします。

まちづくりコース

環境に配慮した持続可能なまちづくりが目標です。

実際にまちづくり活動に参加し、都市・中山間地域に関する基礎知識、計画的な思考、GIS技法、ワークショップ技法の習得を経て、まちづくりのプロを養成。地方公共団体・諸機関・NPO職員、ファシリテーター、研究者などを育成します。

地域文化コース

明確な個性や特色を持った地域文化の振興・創造を。

地域文化の意義について、歴史学、文化人類学、民俗学、観光論、言語学、異文化論などの観点から分析し、新たな文化活動の創造を追求。文化振興にかかわる公務員、文化施設職員、地域文化に強い教員などカルチャー・テクノロジストなどを養成します。

健康・スポーツコース

健康的な生活の維持・向上のためにスポーツ政策の確立を考えます。

少子高齢社会と健康・スポーツ産業に関する政策の現状と課題を、体育・スポーツ指導やマネジメント理論と実践の学習を通じて分析。地域の健康づくりやスポーツ振興を追求します。健康・スポーツ政策立案者、指導者、教員、研究者を育てます。

  • 2011年4月文学部が変わります。
  • 受験生向けサイト 愛知大学WEB CAMPUS
  • 2012年、名古屋ささしまライブ24地区に新キャンパス開校。