文字サイズ

【学生、保証人の皆様へ】新型コロナウイルス感染拡大により家計が急変された場合について(国による各種奨学金制度、及び本学における緊急経済支援新制度のご紹介)(5月22日発表)

大学全般
2020年5月22日

学生・保証人 各位

愛知大学 学長 川井伸一


新型コロナウイルス感染拡大により家計が急変された場合について
(国による各種奨学金制度、及び本学における緊急経済支援新制度のご紹介)



 愛知大学では、今般の新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、家計が急変された学生・保証人のみなさまに、国による奨学金等の支援制度をご紹介するほか、本学においてこの度創設した緊急の経済支援新制度等をご案内しております。
 詳しくは以下をご覧ください。

【国による支援】(日本学生支援機構)


1.高等教育の修学支援新制度 (授業料等減免+給付型奨学金) 【短大/学部生対象】
 高等教育の修学支援新制度(授業料等減免+給付型奨学金)は、住民税非課税世帯及びこれに準ずる世帯を対象に、所定の審査の上奨学金の支給が行われます。住民税は前年所得を基に算定されますが、予期せぬ事由(新型コロナウイルス感染症拡大による影響等)により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことができれば、支援の対象になる「家計急変採用」も用意されました。
(前年の審査で不採用になった方でも、新型コロナウイルス感染症の拡大に係る影響を受けて家計が急変した場合、対象になることがあります。)
詳しくは下記HPをご参照ください。

日本学生支援機構HP[給付奨学金(家計急変)]
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html

採用区分申請時期家計審査基準
在学採用(通常)年2回(①4~5月または②9~10月)①前々年所得をもとに審査 ②前年所得を基に審査
家計急変採用随時申請可(急変事由発生日から3ヵ月以内に申請必要)急変後の所得見込みを基に審査

※どちらの採用も、学業成績や資産額等の基準を満たす必要があります。

2.貸与型奨学金 (緊急採用、応急採用) 【短大/学部生・大学院生対象】
 生計維持者(原則父母)の失業、破産、事故、病気、死亡等又は災害等により家計が急変(新型コロナウイルス感染症拡大に係る影響を受けて家計が急変した場合を含む。)し、緊急に奨学金貸与の必要が生じた学生に対応しています。家計急変(失職、災害等)後の年間所得見込み額が基準を満たすかどうかで判定されます。
緊急採用奨学金(第一種/無利子)及び応急採用奨学金(第二種/有利子)の2種類があり、随時募集を行っています。詳しくは下記HPをご参照ください。
※学業成績や家計の基準を満たす必要があります。
※家計が急変してから12ヵ月以内に申し込む必要があります。
日本学生支援機構HP[緊急採用・応急採用]
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/index.html



【愛知大学における緊急経済支援新制度】


 愛知大学では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により家計が急変された学生、保証人のみなさまに、学業の継続、あるいは生活支援に資するため、この度緊急の経済支援新制度を創設いたしました。

1.新型コロナウイルス感染症対応・緊急奨学金(給付型)【短大/学部生・大学院生対象】
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により家計が急変し、学業の継続が困難になった学生を支援するために新たに創設した奨学金制度です。
新型コロナウイルス感染症により、主たる家計支持者の死亡、失職、経済状況の変化に伴う大幅な減収など、家計が急変した場合の特別措置として、緊急奨学金を給付いたします。家計が急変し、経済的支援を希望する場合、学生課へ申し出てください。本制度は2020年度の限定対応として、随時受付を行います。
■ 申請受付:6月10日頃開始予定
■ 給付金額:申請した学期の学費(授業料・教育充実費)相当額を給付します。
■ 要件:以下の3つの要件を満たすこと。
① 国や地方公共団体が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者を支援対象として実施する公的支援の受給証明書、或いはこれに準ずる公的証明書の提出があること、又は、事由発生後の所得が昨年の所得と比較し1/2以下となっていること。
② 家計基準は今年の年間給与収入見込みが給与所得者の場合500万円以下(給与所得者以外は210万円以下)であること。
③ 成績基準は、学習意欲があり、学業を継続して確実に卒業・修了できる見込みがあること。
※ 国の修学支援新制度による給付対象者は、減免後の授業料・教育充実費のみが給付の対象となります。
※ 当制度の詳細は6月上旬頃に正式に公表する予定です。

2.新型コロナウイルス感染症対応・学生生活支援金庫(貸与型)【短大/学部生・大学院生対象】
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、生活資金に困窮する学生を支援するため、従来からある「学生金庫制度」の運用規定を柔軟に変更し、新たに対応する事としました。
アルバイトの採用減少等により、生活資金が不足しがちな下宿生、留学生を始め、広く利用していただくことができます。
■ 申請受付:6月10日頃開始予定
■ 貸与額:学生の経済事情に鑑み、一口10,000円より、最大10口100,000円を上限に無利息で貸与します。承認された貸与額については、所定の銀行口座に振り込みます。
■ 要件:学生課へ所定の書類を提出し申請を行ってください。申請にあたっては、連帯保証人が必要です。
■ 返済:貸与された月の翌月より、ひと月あたり10,000円以上を返済していただきます。(但し、本学在籍期間を限度とします。)
※ 当制度の詳細は6月上旬頃に正式に公表する予定です。


 愛知大学では、上記の奨学金制度等の対応のほか、緊急修学支援金(学修環境を整えるための緊急支援金として、在学生全員に1人当たり一律50,000円)の支給、オンライン授業受講に関する機器(ノートパソコンやモバイルルータ)の無償貸与、および学納金の延納対応を行っています。


[お問合せ先]
※お問い合わせはメールにてお願いします。
電話等でのお問い合わせはご遠慮ください。
【名古屋学生課】 ngaku@aichi-u.ac.jp
【豊橋学生課】 tgaku@aichi-u.ac.jp
【大学院事務課】 kkyogaku@ml.aichi-u.ac.jp
【大学院事務課 車道事務室】 ls-info@ml.aichi-u.ac.jp

以上